新たな働き方「ワーケーション」とは?人気の理由や場所選びのポイントを紹介

ワーケーションとは、ワークとバケーションを組み合わせた造語で、新しい働き方として注目を集めています。

今回は、ワーケーションが人気の理由や導入する企業側のメリット、ワーケーションを誘致している自治体などをまとめて紹介します。

目次

  1. ワーケーションとは
  2. ワーケーションが人気の理由
  3. ワーケーション場所の選び方
  4. 施設選びのポイント
  5. 色んな場所に行ったり誰かと一緒に過ごしたりしたい方にはADDressがおすすめ

ワーケーションとは

ワーケーションとは、ワークとバケーションを組み合わせた造語で、観光地やリゾート地で働くという過ごし方のことです。

自宅で仕事をするテレワークとは異なり、「観光地やリゾート地で過ごしながら」という点がポイントになっています。

新型コロナウイルス感染症の流行に伴ってテレワークを導入する企業が増えている中、ワーケーションが新しい働き方として注目を集めるようになりました。

ワーケーションが人気の理由

ワーケーションが人気の理由

ワーケーションを希望する方は増加傾向にあるようです。そこでまずは、なぜワーケーションが人気なのか、人気の理由を紹介していきます。

旅行先に長期滞在できる

長期休暇を取得するのが難しく、せっかく旅行に行っても短い期間しか滞在できないことに不満を持つ方もいます。ワーケーションにより旅行先でも仕事をすることができれば、長期休暇が取れなかったとしても、働きながら旅行先に長期滞在することができます。

生産性が上がる

観光地やリゾート地で休暇を取りながら仕事をすることで、生産性が上がると感じる方も多いようです。リフレッシュしながら仕事をすることでストレスが軽減され、効率よく仕事を進めることができるのです。

ワーケーション場所の選び方

ワーケーションで訪れる場所の選び方は、人によってさまざまです。ここではワーケーション初心者の方に向けた選び方を紹介します。

観光資源やアクティビティから選ぶ

ワーケーションには、ワークだけでなくバケーションも欠かせません。魅力的な景色や温泉、観光地ならではのアクティビティなど観光資源が十分にある場所を選びましょう。

ワーケーション向けのアクティビティプランもあるので、事前に調べたうえで訪れるのもおすすめです。

場所やプラン探しに使えるサービスやプランの選び方について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

ワーケーションに活用できるおすすめのサービスを紹介! – 多拠点生活サービス【ADDress】
ワーケーションのプランの選び方やおすすめ地域を紹介 – 多拠点生活サービス【ADDress】

ワーケーションに力を入れている地域から選ぶ

ワーケーションが新たな働き方として注目され、導入する企業が増えてきたことから、ワーケーションを誘致する自治体も増加しています。

こうした自治体ではワーケーション向けの滞在プランが施設が整っているため、安心してワーケーションを行うことができます。

例えば、北海道は道内25の自治体と協力して北海道型のワーケーションプランを作成しています。北海道型ワーケーションでは、道内に点在している短期滞在型のサテライトオフィスを活用しながら、道内の複数の自治体を移動して行う長期滞在・広域周遊型のワーケーションプランとなっています。

スマート農業などの最先端技術の視察、地元産業界との意見交換会といったワークメニューが用意され、観光とはまた違った北海道の魅力を感じながらワーケーションを楽しむことができます。

参加自治体やプログラムについては、「北海道型ワーケーション」の特設サイトから確認が可能です。

この他にもワーケーションの誘致を進めている自治体は複数あります。ワーケーションを誘致している全国の自治体事例に興味のある方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

ワーケーションを誘致する自治体の取り組みや事例 – 多拠点生活サービス【ADDress】

施設選びのポイント

施設選びのポイント

快適にワーケーションを行うためには、施設選びが重要です。続いては、ワーケーションを行う施設選びのポイントを紹介します。

仕事に集中できる環境

ワーケーションの場所を選ぶときは、Wi-Fiなどのインターネット環境が整っているか、仕事に集中できるワーキングスペースがあるかを必ず確認しましょう。また、リモート会議に出席する必要がある場合には、静かな個室を利用できる場所を選ぶ必要があります。

家族の滞在施設

長期滞在を行うのであれば、家族にも同行してもらいたいと考える方も多いでしょう。とはいえ、子供連れや家族連れでは仕事に集中できない場合もあるため、仕事ができる部屋や環境を別で用意する、別の宿泊施設に泊まるなどの対策が必要です。

家族も同じ期間滞在すると宿泊費用がかかるので、ホテルや旅館ではなくウィークリーマンションなどを部屋単位で契約することも検討しましょう。

滞在費用

ワーケーションにおいて見落としがちなのが、費用の負担です。ワーケーションは、宿泊施設の滞在費用や移動にかかる交通費、滞在中の食費や観光費などは自己負担となります。観光地にある旅館やホテルは滞在費が高い傾向にありますし、自宅から遠い場所であれば移動費もかかります。

ワーケーションを行う際には、まず予算を決めて、それに合わせて場所や宿泊施設を選ぶと良いでしょう。

ワーケーション施設の選び方やおすすめの施設については、こちらの記事も参考にしてみてください。
ワーケーションの場所はどう選ぶ?おすすめの場所を全国から紹介! – 多拠点生活サービス【ADDress】

色んな場所に行ったり誰かと一緒に過ごしたりしたい方にはADDressがおすすめ

ワーケーションを始めてみたいと思いながらも、「仕事ができる環境があるか不安」「費用面の負担が気になる」という方も多いのではないでしょうか。

ワーケーションには、定額全国住み放題のADDressをぜひご活用ください。

ADDressでは、ADDressが運営する日本各地の家に定額でお住まいいただけるサービスを提供しております。

月額費用は4.4万円(税込)~で、敷金や礼金などの初期費用は必要ありません。月額費用には水道代、電気代、ガス代がすべて含まれており、各地の家にはWi-Fi環境や家具家電、アメニティも完備しております。Wi-Fi環境が整っておりますので、Zoom会議なども安心して参加できます。

また、同伴者も無料滞在が可能なため、家族を連れてワーケーションをしたいという方にもぴったりのサービスです。

ADDressの運営する家は日本各地にあり、ワーケーションを行ってみたいと思う場所を自由に選択していただくことができます。

「具体的にどんな家があるのか」「どのようなアクティビティを楽しめるのか知りたい」という方はこちらの記事をご覧ください。

ワーケーションにおすすめの拠点や楽しみ方を紹介 – 多拠点生活サービス【ADDress】

会員サイトへ登録いただければ、最新版ADDressの家の詳細を見ることができます。会員登録は無料となっておりますので、ぜひお気軽にご登録下さい。

ADDress【公式】定額住み放題 多拠点生活プラットフォーム