別荘地として人気の山梨の魅力、ADDressの家の活用法を紹介

世界遺産の富士山を有する山梨は、観光地としてはもちろん別荘地としても人気の県です。
そこで今回は、山梨に別荘を持つメリットや、別荘としても活用できるADDressの家の魅力について紹介していきます。

目次

  1. 山梨に別荘を持つメリット・魅力を紹介
  2. 山梨にあるADDress家を別荘として活用しよう
  3. 山梨の別荘ならADDressの家がおすすめ

山梨に別荘を持つメリット・魅力を紹介

まずは、山梨に別荘を持つメリットや魅力を紹介します。

自然のアクティビティを満喫できる

山梨は、県土の78%を森林が占める自然豊かな県です。富士山はもちろん、他にも南アルプスや八ヶ岳などの山々がそびえ、別荘を持つことで四季折々の風景や自然の中でのアクティビティを好きなときに楽しめるというメリットがあります。

日帰り温泉が充実

山梨では、富士山の恵みによりたくさんの温泉が湧き出ています。山々に囲まれた雄大な景色を楽しめる絶景の露天風呂や湯治に人気の湯、自然の中にある秘湯など、県内各地にはさまざまな温泉があり、温泉付きの別荘も珍しくありません。
山梨の別荘に訪れ、温泉にゆっくりと浸かることで、日頃の疲れも癒せるでしょう。

四季折々の楽しみ方がある

自然豊かな山梨では、春には桜や桃の花、芝桜のお花見を楽しむことができます。また、フルーツ王国としても有名な山梨では、さくらんぼやいちご、桃やぶどうなど季節ごとにさまざまなフルーツ狩りを楽しめるのも魅力です。
秋には紅葉狩り、冬にスキーやスノボーを楽しむこともできるので、山梨に別荘を持つことで一年を通して自然とのふれあいやアクティビティを堪能することができるでしょう。

移住支援制度を利用できる

別荘地としてだけでなく、将来的には山梨に移住したいと考えている方もいるのではないでしょうか。
山梨に移住をする場合は、自治体が行っている移住支援制度を活用することができます。山梨は特に東京や大阪といった都心部からの移住を積極的に受け入れている県で、東京、大阪、山梨の3ヶ所に移住の相談窓口を設置しています。また、「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県のいずれかにお住まいで東京23区に5年以上通勤している人」など所定の条件を満たせば、最大100万円の移住支援金を受けることも可能です。

山梨にあるADDress家を別荘として活用しよう

魅力が満載の山梨に別荘を持ちたいと思っても、別荘を建てたり借りたりするには高額の初期費用がかかり、さらに維持費もかかるため、富裕層でなければ難しいと諦めてしまう人は多いです。
しかし、ADDressの家を活用すれば初期費用0円、月額4.4万円(税込)のみで、山梨での別荘暮らしをスタートすることができます。
ADDressでは、月額4.4万円(税込)で全国の家に住み放題になるサービスを提供しています。住み放題になる家は全国47都道府県にあり、もちろん山梨県にも複数の家を運営しています。
自分で別荘を持つとなると高額の費用がかかりますが、ADDressなら敷金や礼金、補償金といった初期費用は一切かかりません。電気代や水道代などの光熱費やインターネット使用料金も月額費用に含まれているので、負担するのは月額4.4万円(税込)のみです。
さらに、追加費用なしで二親等以内の親族や固定のパートナー1名の同伴も可能なため、家族で山梨暮らしを楽しむのも良いですね。1つの家に滞在できるのは最長7日間ですが、ADDressでは山梨県内に複数の家を運営しているので、ホッピングしながら長期滞在することも可能です。

ここからは、山梨にあるADDressの家のなかから、別荘としても活用できるおすすめの家を紹介していきます。

清里A邸

清里A邸

清里A邸は、個室の予約や専用ベッドオプション(女性ドミトリー)の契約ができるADDressの家で、別荘としてもおすすめです。清里A邸は小屋を改装したログハウス調の家で、玄関を入ると木の香りが出迎えてくれるのが特徴です。
清里は、八ヶ岳の南麓、山梨県の最北端に広がる標高1,000メートルの高原リゾート地です。南アルプスや富士山など3,000メートル級の山々の眺望を楽しめるだけでなく、高原や渓谷の大自然も堪能できます。
清里A邸を別荘として活用することで、登山やトレッキング、キャンプやスキーといったさまざまなアクティビティを楽しむことができるでしょう。また、周辺にはレストランや農園、美術館やポニー牧場、BBQ広場などが点在し、大人も子どもも楽しめるファミリー向け体験が充実しているため、家族で滞在したい方にもおすすめです。

富士吉田A邸

富士吉田A邸

「富士山」駅から徒歩4分というアクセス良好な場所にあるADDressの家です。
個室の予約滞在ができ、周辺では富士登山をはじめとするアウトドアのアクティビティを楽しめるほか、富士急ハイランドなどの有名なレジャー施設へのアクセスも良好なため、長期連休中に別荘として滞在するのもおすすめです。
富士山信仰の町として古くから栄えてきた富士吉田市には、1900年以上の歴史を誇る北口本宮冨士浅間神社もあり、参道をのんびり散策するのも楽しみの一つです。さらに、地域で愛されている「吉田のうどん」は日本一硬いと言われる麺に味噌と醤油のブレンドスープ、茹でたキャベツと馬肉を入れた個性的なローカルフードです。エリア内に50店舗以上あるので食べ比べを楽しんでみてはいかがでしょうか。
富士吉田A邸の周辺にはスーパーやコンビニ、薬局なども揃っているので、生活用品や食料品の買い出しにも困りません。アクティビティやレジャーを楽しむだけでなく、絶景の富士山を望みながらのんびりと過ごしたい方にもおすすめの家です。

甲府A邸

甲府A邸

甲府A邸は、JR甲府駅から歩いて12分の場所にあるADDressの家です。老舗ゲストハウス「BACCHUS KOFU GUESTHOUSE」と連携した家となっており、1階にはBARも併設されていて、旅行者同士の交流を楽しめるのも魅力です。
甲府市は東京からのアクセスが良好で、別荘地としてはもちろん移住者にも人気のエリアです。山梨観光の拠点として南アルプスなどの登山に向かう人や長野・八ヶ岳方面に向かう人の立ち寄りスポットにもなっているため、さまざまな人々が行き交っています。
甲府A邸はコンビニまで徒歩3分、スーパーまで徒歩5分と周辺環境も整っており、徒歩15分の場所には草津温泉もあるなど、別荘として長期滞在するのに適しています。ただし、予約は女性専用ドミトリーのみとなっているためご注意ください。

韮崎A邸

韮崎A邸

古くから甲州街道の宿場町として栄えてきた韮崎市は、都心からのアクセスが良好で、鳳凰三山の登山口や山梨の観光拠点として人気の場所です。そんな韮崎市にある韮崎A邸は、かつて「茶補」というお茶屋さんだった築約50年のビルをリノベーションして誕生したゲストハウス「chAho Hostel Nirasaki / Outdoor Base」との連携で運営するADDressの家です。
1階はさまざまなアウトドアグッズが展示されたおしゃれな空間となっていて、展示されているアウトドアグッズは購入も可能です。個室はなく男女混合ドミトリーの予約滞在のため、アウトドア仲間と訪れて登山の拠点として活用するのも良いでしょう。

また、韮崎A邸は昔ながらの風情が残る韮崎商店街一角にあるため周辺散策も楽しめます。コンビニやスーパーマーケット、ドラッグストアも徒歩圏内にあるので便利です。

山梨の別荘ならADDressの家がおすすめ

富士山を有する自然豊かな山梨は、別荘地としてとても人気があります。とはいえ、実際に別荘を建てたり借りたりするためには高額の費用がかかるため、山梨に別荘を持つなんてハードルが高いと考える人もいるのではないでしょうか。
ADDressの定額住み放題サービスなら、月額4.4万円(税込)のみの負担で、山梨での別荘暮らしをスタートすることができます。別荘として利用するのはもちろん、将来的な移住を考えている人も、まずは初期費用なしで始められるADDressでぜひ山梨の魅力を体験してみましょう。
今回紹介した山梨県内にあるADDressの家の詳細情報や実際の写真は、会員サイトにてご確認いただけます。メール会員登録は無料なので、ぜひお気軽にご登録ください。