海の近くに移住したい!おすすめの移住先やADDressの家を紹介

「移住するなら海の近くがいい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、海の近くに移住するメリットおすすめの移住先、海の近くにあるADDressの家の拠点を合わせて紹介していきます。

目次

  1. 海の近くに移住するメリットは?
  2. 海に近いおすすめの移住先はどこ?ADDressの家も紹介
  3. ADDressを活用して海の近くにお試し移住してみよう

海の近くに移住するメリットは?

海に近い地域や場所は、移住先として選ばれることの多い人気エリアとなっています。
海の近くに移住するとどのようなメリットがあるかを見ていきましょう。

新鮮な海の食材が手に入る

海の近くに移住することで、新鮮な海の食材がいつでも手に入るようになります。
魚はもちろん、貝類や海藻類など、新鮮な海の幸を都会よりも安い値段で買うことができるため、魚料理が好きな方にはたまらないメリットだと言えるでしょう。

マリンスポーツが楽しめる

サーフィンなどのマリンスポーツが好きな人にも、海の近くは人気の移住先となっています。
海の近くに自宅があれば、移動の負担がなくいつでも思う存分マリンスポーツが楽しめるでしょう。すでにマリンスポーツに親しんでいる方はもちろん、これから始めたいという方にもおすすめです。

のびのびと子育てできる

海が近い地域には、のんびりとした独特の空気が流れているのが特徴です。
そのため、潮風を感じながらのびのびと子育てがしたいという家族での移住にも、海の近くが選ばれています。海に近い場所に移住することで、休日にはマリンスポーツや釣りなど海のアクティビティを、家族一緒に楽しむことができるでしょう。

景観や雰囲気が良い

朝日や夕日など、太陽に照らされる海は本当に綺麗で、海がある景色は見るだけでも癒されるというメリットがあります。
美しい海の風景を自宅から眺めたい、都会を離れて景観の良い場所に移住したいと考える方も多いです。

海に近いおすすめの移住先はどこ?ADDressの家も紹介

海の近くに住める地域はいくつもあるため、どこに移住しようか迷うという方も多いのではないでしょうか。
そんなときは、気になる地域に短期間ずつ「お試し移住」してから決めるのもおすすめです。月額4.4万円(税込)で全国の家に住み放題になる「定額住み放題サービス」を提供しているADDressなら、お試し移住にもご活用いただけます。生活に必要な家具家電類は全て家に備え付けられているため、スーツケース1つで移動していただくことが可能です。いくつかの家をホッピングしながら、じっくりと移住先を検討するのも良いでしょう。
ここからは、関東で海の近くに住めるおすすめに移住先を中心に、お試し移住に活用できるADDressの拠点を合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

三浦半島

三浦半島

神奈川県にある三浦半島は、マグロで有名な三浦エリア、相模湾に面する逗子・葉山エリア、東京湾に面する軍港の街・横須賀エリアの3つのエリアに分かれています。それぞれのエリアに観光スポットが点在しており、休日におでかけにも困りません。

三浦A邸

三浦A邸

ADDressの家「三浦A邸」はマグロで有名な三浦市三崎漁港のすぐそばにある拠点で、三崎口駅から14分のバス停三崎東岡から徒歩4分という立地にあります。東京からでも電車とバスで1時間半程度でアクセスが可能なため、お試し移住や週末移住にも活用しやすい拠点です。
三崎漁港は日本有数の水揚げ量を誇る漁港で、漁港に続く商店街には美味しい海鮮料理が食べられるお店が立ち並んでいます。周辺には古民家を改装したおしゃれな本屋さんやカフェがあり、散策を楽しむのも良いでしょう。

逗子

逗子

相模湾に面する神奈川県逗子市は、保養地として栄えた人気のレジャースポットです。
逗子では、葉山マリーナでのクルージングや逗子海岸での海水浴などが楽しめます。
また、逗子市内にはJR横須賀線と京急逗子線が利用できる駅が4つもあり、横浜駅までは約30分、東京駅・新宿駅までは約60分とアクセスが良好なので、東京からの移住者も多いエリアです。

逗子A邸

逗子A邸

逗子駅からも鎌倉駅からもアクセス可能なバス停小坪駅から徒歩7分の立地に、ADDressの家「逗子A邸」があります。逗子A邸の徒歩圏内には「逗子マリーナ」があり、船やマリンスポーツ、釣りなどのさまざまなアクティビティを気軽に楽しめるのが特徴です。
また、最寄りバス停からの通り道には、海鮮居酒屋や定食屋、コーヒースタンド、漁港、魚屋などがあり、周辺散策も楽しむのも良いでしょう。近隣にある「披露山地区」は高級住宅街エリアで治安も良好なため、住みやすい街となっています。

御宿

御宿

千葉県南部に位置する御宿町は、人口約7,500人の小さな町です。
海岸部は南房総国定公園に指定されているほか、日本最大海女地帯の一つとしても知られていて、砂浜が広がる御宿海岸には海水浴場がたくさんあり、シーズンになると多くの海水浴客が訪れます。
移住支援も積極的に行っており、東京23区からの移住の場合は世帯100万円、単身60万円の移住支援金の支給制度があります(条件あり)。

御宿A邸

御宿A邸

御宿の駅から徒歩5分程の場所には、ADDressの家「御宿A邸」があります。
個室とドミトリ部屋を合わせて部屋数は6部屋あり、それぞれの家にトイレとお風呂が付いています。海が近いので、海水浴やサーフィンを楽しみたい方にもおすすめです。
さらに、家から徒歩1分のところに「御宿の湯・クアハウス」という源泉掛け流しの温泉施設があるので、海水浴やマリンスポーツで疲れた体を癒やすのに最適です。
コンビニやスーパーまで徒歩5分、地元の美味しいお寿司屋さん「たなか寿司」までは徒歩2分と、周辺の生活環境も整っています。落ち着いた静かな場所なので、のんびりゆっくりしたい方におすすめの拠点です。

勝浦

勝浦

千葉県南東部に位置する勝浦市は、リゾート地として知られています。東京都心からも電車で90分程度と、アクセスも良好です。
海域公園と海岸部は南房総国定公園に指定されており、市内にある守谷海水浴場は「日本の水浴場88選」「日本の渚百選」「快水浴場百選」にも選定されています。
空き家活用による地域活性化「空き家バンク」制度の運営や、移住支援金制度、若者向けの定住促進奨励金交付制度など、東京からの移住支援も積極的に行っているほか、生まれた子供に65,000円分の「おむつ等受給券」を支給するなど子育て支援も充実しているため、ファミリーでの移住にもおすすめです。

勝浦A邸

勝浦A邸

ADDressの家「勝浦A邸」は興津海水浴場まで徒歩2分という場所にあり、元民宿の大きな施設なので、海の近くで快適に過ごしたい方におすすめの拠点となっています。また、シェアハウス併設型の家なので、シェアハウスの住人との交流も可能で、勝浦での暮らしぶりについて生の声を聞くことができます。
周辺には、興津海水浴場以外にも「守谷海水浴場」「鵜原海水浴場」があるので、それぞれ訪れてみるのもおすすめです。夏場はサーフィンやSUP、シュノーケリングといったアクティビティを楽しむことができ、夏以外には釣りが楽しめるので、勝浦では1年中海を満喫することができます。海が近いだけでなく、スーパーマーケットやコンビニも近く、生活環境も整っています。

ADDressを活用して海の近くにお試し移住してみよう

海の近くに住むことでさまざまなメリットがあるため、移住先としての人気も高まっています。海の近くに移住したいと考えている方は、お試し移住で気になる地域での移住体験をしてみてはいかがでしょうか。
ADDressの家は全国47都道府県に180ヶ所以上あり、もちろん関東近郊にも多くの家を運営しております。海の近くに滞在できる拠点も多く、今回紹介した拠点以外にも海の近くで短期滞在ができる家がございます。それぞれの家の情報は、会員サイトで公開しているので、気になる方はぜひ会員サイトにご登録ください。

ADDress【公式】定額住み放題 多拠点生活プラットフォーム