2拠点生活はどんな人におすすめ?始め方やメリットを紹介

2拠点生活という言葉を耳にしたことはありますか?2拠点生活とは、デュアルライフとも呼ばれ、2つの地域に生活拠点を持つことを指しています。

軽井沢や那須などの別荘地に豪華な別荘を建てることももちろん2拠点生活ですが、最近ではシニア層や富裕層だけでなく幅広い年齢層の人々に2拠点生活が注目されています。

そこで今回は、2拠点生活とは何か、どんな人におすすめなのか、2拠点生活に適した仕事やかかる費用についてまとめて紹介していきます。

目次

  1. 2拠点生活とは?
  2. 2拠点生活はどんな人におすすめ?
  3. 2拠点生活を始めるメリットは?
  4. 2拠点生活はどうやって始めればいい?
  5. 2拠点生活を始めるなら定額全国住み放題のADDressで!

2拠点生活とは?

2拠点生活とは、2つの地域に拠点を持つ生活のことです。

かつては富裕層やリタイアされた高齢者層が別荘地に住まいを持つことを指す言葉として使用されていましたが、現在では都会で働くサラリーマンなど、幅広い人々が2拠点生活を楽しんでいます。

平日は都市部で仕事をしながら休日は田舎でリラックスして過ごす人や、仕事の関係で月に2~3日程度地方で過ごす人など、2拠点生活の目的は人それぞれです。

2拠点生活はどんな人におすすめ?

2拠点生活はどんな人におすすめ?

2拠点生活は、以下のような人におすすめの生活スタイルだと言われています。

都会の生活に疲れてしまった人

都市部に拠点を持って働くうちに、都会の喧騒に疲れてしまったという人も多いのではないでしょうか。

「休日はゆっくり休んでいるつもりなのに疲れが取れない」「仕事のモチベーションが上がらない」という人は、心からリフレッシュできる場所での2拠点生活がおすすめです。

2拠点目を都会から離れた田舎に構えて生活することで、平日は都市部で仕事を頑張り、休日は田舎で過ごすことで、仕事はもちろん、人の声や自動車のエンジン音、街頭に流れる音楽などの雑音を気にすることなく、リラックスして過ごすことができるようになります。

新しい人間関係を作りたい人

2拠点生活には、新たな人間関係を構築できるというメリットもあります。

都会から離れた田舎に2拠点目を持つことで、これまで知り合うことがなかった人々との新たな出会いが生まれ、新しい人間関係を築くことができるでしょう。

都会ではなかなか楽しめない登山や釣り、サーフィンや農業といった趣味を見つけて楽しむこともできるため、趣味のつながりから新しい人間関係も生まれるかもしれません。

新しいコミュニティが欲しいと考えている人にも2拠点生活はおすすめです。

いつか地方に移住したいと思っている人

仕事をリタイアしたら田舎に移住したいと考えている人は、2拠点生活をしながら移住先を検討するのもおすすめです。実際に拠点を持って住んでみることで、移住先の雰囲気を確かめることができます。

生活環境や土地柄を知って「やっぱり他の地域にしよう」と思った場合にも、2拠点生活なら気軽に拠点を移すことができるでしょう。

自然の中で子育てがしたい人

都会で子育てをすることに抵抗を感じる人や、子どもには自然に触れながら育ってほしいと考えている人にも、2拠点生活がおすすめです。

週末だけ田舎で暮らす2拠点生活を始めることで、虫取りや川遊びなど、都会では体験できない自然遊びを毎週末たっぷりと体験させることができます。

子どもの感性を豊かに育てることができ、田舎生活のなかで新しい友人もできるでしょう。

地域貢献がしたい人

「都会で身に着けたスキルを地元で生かしたい」「地方で町おこしを体験してみたい」など、地域貢献がしたい人にも2拠点生活はおすすめです。

移住して支援するとう方法もありますが、仕事や住居をがらりと変えるのはハードルが高いでしょう。まずは2拠点生活を始めてみて、地域の人々に触れながらどんな形で地域貢献ができるのかを考えてみてはいかがでしょうか。

2拠点生活を始めるメリットは?

2拠点生活を始めるメリットは?

続いては、2拠点生活を始めるメリットについて紹介します。

土地の魅力を知ることができる

2拠点生活には、その土地の魅力を知り、その土地ならではの生活を楽しむことができるというメリットがあります。旅行で訪れるのと拠点を構えて実際に生活をするのとでは得られる情報量が異なるため、土地の魅力に触れる機会も変わってくるでしょう。

さまざま土地に拠点を構えて生活してみることで、本当に自分に合った過ごしやすい場所を見つけられるかもしれません。

家族で過ごす時間が増える

平日は生活スタイルの違いからすれ違いがちな家族も、2拠点生活を始めることで、週末は田舎で登山やキャンプ、農業などを家族一緒に楽しむことができます。必然的に家族で過ごす時間も増え、会話も弾むでしょう。

実際に2拠点生活をすることで、「家族の仲が良くなった」「子どもが明るくなった」と感じる人も多くいます。

行政の移住支援制度が利用できる場合も

2拠点生活は、過疎化が進む農村や漁村を支援することを目的として、国土交通省も推進しています。そのため、地域によっては2拠点生活を支援するさまざまサポートや制度が利用できる場合もあります。

移住支援制度を利用することで、移住費用を援助してもらえたり、働く場所を斡旋してもらえたりなどのメリットがあるため、2拠点生活を始める際はぜひ調べてみてください。

2拠点生活はどうやって始めればいい?

2拠点生活はどうやって始めればいい?

2拠点生活に興味を持っていても、何から始めればいいか分からないという人もいるのではないでしょうか。続いては、2拠点生活の始め方について紹介します。

2拠点生活に適した仕事

仕事がネックになって、なかなか2拠点生活を始められないという人もいるでしょう。

「今の仕事を続けながら、休日だけ田舎でリフレッシュしたい」と考える人は、電車やクルマで数時間程度かければ行ける場所に拠点を持つことで、平日は都会で仕事をし、週末になったら移動してゆっくりと過ごすということも可能かもしれません。

しかし、「せっかく2拠点生活をするなら、それぞれの拠点で長く過ごしたい」と考える場合には、リモートワークができる環境を整えたり、PCとインターネット環境さえあれば日本全国どこでもできる仕事を見つけたり、2拠点生活に適した仕事に就く必要があります。

実際に2拠点生活をしている人に多い職業としては、フリーランスのWebデザイナーやプログラマーなど、場所にとらわれずに出来る仕事に就いている人が多い傾向にあります。

2拠点生活にかかる費用

2拠点生活を始めるには、当然ながら2つ目の拠点を持つことから始めなければいけません。

新しく家を借りる場合には、敷金や礼金、家具や家電の購入費用がかかり、さらに拠点間を移動するための交通費も必要です。

そのため、2拠点生活を始めるときは、かかる費用についてあらかじめ考えておく必要があります。

国土交通省が2012年に行った調査によると、2拠点生活をしている人の52.3%が「100万円~300万円程の初期費用がかかった」と回答しています。

また、2拠点生活を始める場合、初期費用だけでなく、家賃や水道光熱費などの費用は2つの拠点それぞれでかかることになります。

2拠点生活は、どのような地域に拠点を構えるか、どのような家に住むかで必要な費用は大きく変わってきます。

せっかく2拠点生活を始めても、それぞれが維持できなければ意味がありませんので、費用についても考慮しながら始め方を検討してみましょう。

2拠点生活を始めるなら定額全国住み放題のADDressで!

2拠点生活を始めてみたいと考える人のなかには、「費用の負担が気になる」「どんな地域に2拠点目を構えるか迷う」などのお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが、定額全国住み放題のADDressです。

ADDressとは、ADDressが日本各地で運営する家に定額で住むことができるサービスのことです。月額費用は4.4万円(税込)~、電気代、ガス代、水道代はすべて込みで、敷金や礼金は必要ありません。

初期費用はかからず、ADDressが運営する家であれば、何度でも拠点を移動することが可能です。また、Wi-Fi環境や家具家電、アメニティも完備しているので、最低限の荷物で移動できます。

さらにADDressは同伴者も無料で滞在可能なサービスですので、ご契約者が同伴されるのであれば、二親等以内のご家族や固定のパートナーが滞在する場合にも追加費用はかかりません。

ADDressが運営する家は、全国各地にあるため、将来的な移住先を検討している人や、さまざまな土地の魅力に触れたい人にもぴったりです。

会員サイトにご登録すれば、全国にある家の詳細をご確認できます。会員登録は無料なので、ぜひお気軽にご登録ください。

ADDress【公式】定額住み放題 多拠点生活プラットフォーム