おためし移住で移住体験を楽しもう!メリットや魅力を紹介

本格的な移住をする前に、「おためし移住」を行って移住体験を楽しむ方が増えています。

そこで今回は、おためし移住のメリットや魅力、始める際の注意点などをまとめて紹介していきます。

目次

  1. おためし移住とは
  2. おためし移住のメリットや魅力
  3. おためし移住の取り組みを行う自治体
  4. おためし移住を行う際の注意点
  5. 定額全国住み放題のADDressはおためし移住に最適!

おためし移住とは

「おためし移住」は、移住を考えている方に向けて地方自治体が行っている活動の1つです。

おためし移住は、実際に住んでもらうことで土地の魅力を体感してもらい、移住を検討してもらうための試みですので、原則、宿泊施設の利用はできません。

「おためし移住」の制度の対象となるのは、観光目的での滞在ではなく、移住するかどうかを検討するための滞在です。

おためし移住のメリットや魅力

おためし移住のメリットや魅力

続いては、おためし移住のメリットや魅力について紹介します。

移住生活がイメージできる

実際にその土地に滞在することで、移住した後の生活をイメージすることができます。

「周辺で買い物できる場所はあるか」「子供の学校はどこに通わせるか」など具体的なイメージができるので、移住後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

すぐに生活を始められる

自治体が提供するおためし移住用の住居には、最低限必要な家具や家電などが揃えられています。旅行と同じようにスーツケース1つで生活が始められるので、気軽に移住体験ができます。

さまざまな地域の生活を体験できる

どこの地域に移住するか迷っているという方にも、おためし移住のメリットがあります。

基本的に短い期間の滞在になるので、さまざまな地域の生活を気軽に体験することができるのです。

それぞれの地域の魅力を感じた上で、実際に移住する地域を決定することができます。

補助金制度が利用できることも

自治体によっては、移住を行う際に利用できる補助金制度が設けられていることもあります。

新築物件の建築費を助成するなど本格的な移住でなければ補助を受けられない自治体がある一方で、県営住宅を格安で借りられるなど「おためし移住」向けの補助金制度が整えられている自治体もあります。

おためし移住を始めるときは、自治体ごとの補助金制度について事前に調べておきましょう。

移住後の仕事探しができる

おためし移住の滞在期間中に、仕事探しをすることもできます。

自治体によっては、地元の農家などでの仕事を斡旋してくれることもあるようです。移住してから仕事を探すのは大変なので、あらかじめ仕事を見つけておくと安心です。

移住後のサポートが受けられることも

おためし移住を経て実際に移住することになった場合、自治体からのサポートが受けられることもあります。

おためしで体験した農家に就農することができたり、住居費の一部を助成してくれたりする自治体もあるようです。

古民家に住めることがある

おためし住宅は自治体が管理を行っていますが、空き家を活用しているケースが多く、古民家に住めることも少なくありません。

実際に移住するとなると別ですが、仮住まいであれば古民家での暮らしを体験してみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に古民家に住んでみることで、田舎暮らしをより深く体感することができるでしょう。

おためし移住の取り組みを行う自治体

続いては、実際におためし移住の取り組みを行っている自治体をいくつか紹介します。

新潟県佐渡市

佐渡市では、移住検討者に向けておためし移住のための住居を最長6ヶ月間貸出しています。

若者世帯なら月額2万円~で住居を借りることができ、移住先や就職先を探すための拠点として活用できます。

月額料金には水道光熱費や火災・家財保険料、ケーブルテレビ使用料や放送受信料も含まれています。冷蔵庫やテレビエアコンなどの家電がついているので、布団と生活備品さえ持ち込めば移住体験をスタートできます。

小山市

小山市は、2015年に住みよさランキングで県内1位に輝いた人気の自治体です。おためし移住希望者に向けて、「おやま暮らしお試しの家」を貸出しています。

利用期間は1ヶ月で、1人につき1回しか申し込みできませんが、月額30,000円で小山市での暮らしを体験することができます。庭付きで家庭菜園も体験することが可能です。

料金には光熱水費も含まれており、Wi-Fi環境も整っています。家具や家電はついていますが、寝具は持ち込む必要があります。

おためし移住を行う際の注意点

おためし移住を行う際の注意点

続いては、おためし移住を行う際の注意点をいくつか紹介します。

費用がかかる

おためし移住は自治体からサポートが受けられる制度ですが、持ち出し費用が0円で済むというケースは滅多にありません。おためし住宅を借りるための費用や移動費、食費などは自費で負担する必要があります。

移住体験に興味がある場合には、どのくらいの費用がかかるのかをあらかじめ調べておくと安心です。

仕事との両立が難しいケースも

現在の生活拠点で仕事を続けながらおためし移住を行うとなると、両立が難しいケースもあります。とはいえ、リモートワークができる場合や、休暇をまとめて取得できる場合には、仕事との両立も可能でしょう。}

おためし移住をしてから移住するかどうかを決定したいという場合、仕事を辞めてしまうのは高リスクです。

仕事とおためし移住を両立する方法を検討しましょう。

自治体によって入居条件が異なる

おためし移住のために自治体が提供している住居については、入居条件が定められている場合もあります。

条件を満たさない世帯が入居を希望した場合、断られてしまうこともあります。入居条件については、必ず事前に確認しておきましょう。

1回のみしか体験できないケースが多い

おためし移住で自治体からサポートを受ける場合、住居の利用は1回のみという制限を設けている自治体が多くなっています。

とはいえ、おためし住宅に1ヶ月暮らしてみた後であっても、移住するかどうか迷ってしまうケースも珍しくないでしょう。もう少しおためし移住を続けたいという場合は、自分で住居を探す必要があります。

定額全国住み放題のADDressはおためし移住に最適!

自治体のおためし移住制度を利用してみたけれど、短い期間では移住先を決められないという場合は、定額全国住み放題のADDressをご活用下さい。

ADDressは、ADDressが日本各地で運営する家に定額でお住まいいただけるサービスを提供しています。

月額費用は4.4万円(税込)~となっていて、電気代、ガス代、水道代はすべて含まれています。また、敷金や礼金は必要ありません。

初期費用なしで、さまざまな地域での移住体験にご活用いただけます。また、各地の家にはWi-Fi環境や家具家電、アメニティも完備しているので、最低限の荷物で移動していただけます。

自治体のおためし住宅には寝具が用意されていないケースも多いですが、ADDressの家は一部を除いてベッドと高品質マットレスも設置しておりますので、寝具のご用意も不要です。

さらに、同伴者も無料で滞在可能。ご契約者が同伴されるのであれば、二親等以内のご家族や固定のパートナーが滞在する場合にも追加費用はいただいておりません。

ADDressが運営する家は、全国各地にあるので、どの地域に移住をするか迷っている方や、さまざまな土地の魅力に触れたい方にもぴったりです。

会員サイトにご登録いただければ、全国にある家の詳細をご確認いただけます。会員登録は無料なので、ぜひお気軽にご登録ください。

ADDress【公式】定額住み放題 多拠点生活プラットフォーム