月額9800円からの多拠点生活で「異日常」を手に入れる/佐別当隆志

月額9,800円からの多拠点生活

ADDress代表の佐別当です。「ADDress」というサービスを発表してから4年が過ぎました。

サービス発表から間もなくして、新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの人がステイホームに苦しみ、思わぬ形でテレワークやリモートワークを経験することになりました。

ADDressにとっては悲しいことばかりではなく、ワーケーションや二拠点生活、多拠点生活というライフスタイルの認知も拡がり、憧れる人も増えました。例えば、ADDressに関心を持つメールマガジンの登録者は累計17万人を突破し、何万人もの人が毎月公式サイトに訪問してくれています。

しかし、多拠点生活に関心を持っても、ほとんどの人がまだ体験したことがありません。最近ではテレワークの終了や出社日が増えた方もいますし、学校やご家族の事情で家をなかなか離れられない人もたくさんいます。

家を持たない無拠点生活者や全国を転々とするアドレスホッパーもいますが、多くの人は二拠点生活、多拠点生活を体験すらしていません。

一方で、ADDress利用者の80%以上の方が幸福度を感じ、以前の生活よりも満足してくれています。また、半数近くの人が心の拠り所を見つけています。

そんな多拠点生活をもっと身近に様々な方が始めて、継続できるように、月額9,800円(税込み)から利用できるように料金プランを一新しました。(詳細はこちらプレスリリースをご参照ください)

いつもと異なる日常「異日常」のある暮らし

ADDressには、キッチンや居間のある一軒家がたくさんあります。中には畳や庭、縁側、畑のある家もあり、その土地の生活をゆっくり楽しむことができます。そして家守(やもり)という地域の方が物件の管理と交流、地域を繋ぐ役割も果たしてくれるため、地元の方との交流を楽しめます。

年に数回の観光のような「非日常」ではなく、散歩や買い物、食事や会話、お茶やお酒を飲んでゆっくりする日常生活そのものを、地域や家を変えて、いつもと違ったものにする。そんな「異日常」のある暮らしを、多拠点生活では手に入れることができます。

普通にホテルや旅館で観光地に行くのではなく、行ったことも聞いたこともないような地域に、素敵な場所や暮らしを探しに行く。この日本には、ローカルなお店や自然、そして文化がたくさんあります。味噌づくりをしたり、農作業したり、生まれたての卵や新鮮野菜を頂いたり、地元の方と釣りにでかけたり、ヤギの散歩をしたり。そんな暮らしを月に数日でも日常に取り込むだけでも豊かになる。ADDressに関心を持ってくれているメール会員アンケートでもそんな「異日常」に魅力を感じる方がたくさんいます。

新鮮な空気に緑に囲まれた地域、家から空を見上げれば満点の星空。地元の人が通う温泉から、町に出れば良い感じの路地やローカルフード、味のある店主のお店やスナック。そんないつもと異なる日常を、手に入れて欲しい

ADDressなら8割は個室完備で、家具も家電も光回線もセットされて、同室利用であれば登録した家族やパートナーは基本料無料で滞在できます。仕事でもプライベートでも家族でも「異日常」を生活に取り入れて、楽しんでもらいたいと思っています。

地域との交流を楽しむ

異日常の暮らしを楽しむコツは、地域に住む地元の方との交流を楽しむことです。家守がその手助けをしてくれますが、家に同居されていなかったり、仕事があったりして、いつも家にいるわけではありません。

そんなときは、ローカルなお店を見つけること。ADDress会員さんがよく行くお店では、店主さんやスタッフさんがADDressのことを知ってくれています。家守やオーナーが地元でお店を経営されている場合は、そこに行くのもいいですね。

私も、小田原の喫茶店「ケントスコーヒー」や、三崎(三浦半島)の5000冊以上の蔵書を楽しめる「本と屯」や「花暮美容室」、白馬の居酒屋「ニューフジヤ」や、佐渡島の蔵サウナ「Peach」、名護(沖縄)の交流拠点やBar併設してる「coconova」など、リピートしている地域には好きな店や人がいて、家守や地元の方々との交流を楽しんでいます。

今回のリニューアルでは新たに「地域交流ができるお店」を家の紹介ページに随時追加していきます。お店に入った時に「ADDressの会員で、予約サイトを見てきました。」と一言伝えることで、お店の方と直接会話がしやすくなったり、常連さんを紹介してくれるきっかけにもなるのではないでしょうか。

評価サイトでレビューを見たり、コメントを残すのも良いですが、ADDressでは、たくさんのお店を評価・紹介することよりも、お互いに交流を楽しみ、お互いを大切にする時間を過ごしてもらえたら良いなと思います。

地域との交流は、1回行っただけではなく、2回、3回と増えていくことでより深い関係性や新たな楽しみも増えていきます。

できれば長く滞在した方が交流時間も増えますし、家守と会える可能性も高まりますが、滞在日数が短くても、回数が大事

時間的な制約がある方は特に、気に入った地域が見つかったら、ぜひ複数回通ってみてください。好きな店や仲間が見つかると、さらに充実した生活になっていきます。

全国各地に仲間を見つける

今住んでいる地域にしか友人や仲間がいない人が大多数だと思います。住まいが一か所だと、その近隣での生活が日常になるのはもちろん、学校や職場、ご近所さんなど住む場所に縛られた生活、交友関係になりがちです。

しかし、ADDress会員の大半の方がリピートする家を見つけ、全国各地のADDressの家には、常連のように通う方々がいます。

そして、ADDressを始めた多数の方々は、ADDressを通じて気が合う人を見つけています。実際に過半数の会員さん方は、会員同士や家守さん、地域の方など、10人以上と交流されているそうです。

そんな会員同士の交流や、地域の家守さんや住民の方々との交流を通して、自分の暮らす地域以外にも、仲間と言える人が見つかると、地域の見え方も変わり、愛着を持つ機会も増えていきます

積極的に会員同士や家守と交流を楽しみたい方は、オンラインのコミュニティや、会員・家守が3名以上集まると立ち上げることができる「部活動」という趣味のグループに参加することもできます。

山登りやコーヒー、スノーボードやサウナ、キャンプなど30以上の部活を会員・家守・私たちスタッフも入って、みんなで趣味を多拠点で楽しんでいます。

中にはこんなところで仕事する?というユニークな場所を見つけた「エクストリームワーケーション部」や、各地で飲んで乾杯している写真を毎日のようにアップし合う「KP部」など、ユニークで100人以上が参加するものもあります。

(私も様々な場所でエクストリームワーケーションしています)

もちろん自分時間を楽しみたい時は、個室でゆっくりしたり、提携するホテルやゲストハウスなど宿泊施設に滞在できるのもADDressの楽しみ方の1つです。

ライトからミドル、そしてロングステイの多拠点生活を

今回の新料金プランでは、気軽に始めるなら月額9,800円で滞在できるチケットが2枚(1日滞在で1枚消費)、19,800円で5枚使えます。ゆっくりと多拠点生活を楽しむなら、39,800円で10枚、54,800円で15枚のチケットで一か所に長くいても良いし、複数箇所のホッピングも楽しめます。

プランは毎月変更することもできますし、チケットは最大半年間は繰り越しができるため、ライフスタイルやその月の生活事情に応じて利用日数を変えることができます。また、1年のうち最大6か月は休会することもできます。

ADDressを始めて、好きな地域に移住した人や、結婚・出産された方、仕事の都合でやむなく退会された方、移動に疲れた方も、また戻ってきて欲しいですし、今後も無理なく、長く多拠点生活を続けやすくなりました。

その一方で苦渋の決断でもありましたが、住み放題の月額44,000円のきほんプランや88,000円のたっぷりプランの新規募集は終了し、30枚チケットを99,800円で販売することにしました。新プランでは、同時利用日数や連続滞在日数の制限を撤廃し、チケット枚数に応じて何日でも長く滞在することできるようになりました。

住み放題プランを契約中(休会中も含む)のみなさまで利用日数が多い方にとっては、大幅な値上がりになってしまうため、1年間は住み放題のプランを継続できるようにさせていただきました。

その間に、また都市部を除く地方で安価にロングステイできるプランも、44,000円では難しいですが、光熱費込みで66,000円くらいで開発できるようにチャレンジしたいと考えています。また私たちは、一棟貸しや高グレードな物件から、海外展開まで、様々な方に多拠点生活を楽しんでいただけるプラットフォームを目指しています。

ADDressのサービスは、利用者が増えていくことで、物件数を増やしていくことができます。もっと空き家活用や空き部屋の活用もしていきたいですし、地域住民の方々との交流も増やしていきたい。そして今後もチャレンジし続けられるよう、ぜひ多くの皆さまに利用していただけると幸いです。

私たちのチャレンジは、毎年「社会的インパクトレポート」というかたちで数値化、レポートさせて頂いています。

この事業を通じて実現したいのは『人口が減少していく未来において「人口を奪い合う移住定住」という選択肢から、人口をシェアし、都市の課題も地方の課題も同時に解決する多拠点生活というライフスタイルを拡げ根付かせる』こと。

そして地方創生ではなく、全国同時に活性化する「全国創生」を目指しています。

月額9800円から始める多拠点生活付きクラウドファンディングのように、ぜひ利用者として応援してくれる方も増えてくれると大変ありがたいです。

空き家や空き部屋、提携する宿泊施設も募集しています。そして、今後また投資家も募集していきます。引き続きどうぞよろしくお願い致します。

ADDress公式サイト
空き家・空き部屋募集
提携宿泊施設募集
家守への応募
法人プラン
取材依頼

この記事を書いた人

佐別当 隆志

45歳・大阪府八尾市出身。株式会社アドレス代表取締役社長。月の三分の一ほどは、ADDressで多拠点生活。趣味は料理とお酒、そして登山とローカルなスナック。多拠点生活で人生が豊かになる一方で、好きな地域がどんどん増えてしまい困ってしまう。