シェアハウスの初期費用が0円って本当?定額住み放題のADDressがおすすめ

シェアハウスは初期費用がかからないという話を耳にし、「初期費用0円って本当?」と疑問に思う方もいるかもしれません。
そこで今回は、シェアハウスの初期費用は本当に0円なのか、シェアハウスと通常の賃貸物件の初期費用の違いについて紹介します。

目次

  1. シェアハウスの初期費用は一般的にどれくらい?
  2. シェアハウスと通常の賃貸物件の初期費用を比較
  3. ADDressならシェアハウスの初期費用が0円!
  4. シェアハウスの初期費用を抑えるなら定額住み放題ADDressがおすすめ

シェアハウスの初期費用は一般的にどれくらい?

まずは、シェアハウスに暮らす場合にかかる一般的な初期費用の内訳と相場を紹介します。

初期費用の内訳 相場
事務手数料・契約手数料 0円〜3万円
保証金・デポジット 2万円〜賃料1ヶ月分
住宅火災保険料 1万円程度
前家賃 賃料1ヶ月分

シェアハウスの場合、敷金や礼金、仲介手数料といった初期費用はかかりませんが、敷金と同じ目的で請求される保証金やデポジットの支払いが必要となります。また、仲介手数料はかかりませんが、契約時には事務手数料を請求されることが多いでしょう。
シェアハウスなら、家具や家電については、物件に備えられていることが多いため、新しく購入する必要はありません。

他にも、一般的なシェアハウスの場合、毎月以下のような固定費を負担する必要があります。

固定費の内訳 相場
共益費(清掃費、日用品費など) 1万円〜1.5万円
水道光熱費 1万円程度の定額制もしくは毎月住人で折半

シェアハウスでは、トイレやキッチンにある日用品を購入する費用や共同スペースの清掃費用に充てるための共益費を負担する必要があります。また、水道光熱費については定額制としている物件と毎月実費を折半する方式にしている物件とがあります。

シェアハウスと通常の賃貸物件の初期費用を比較

シェアハウスの初期費用と通常の賃貸物件の初期費用とでは、どれくらい違いがあるのでしょうか。通常の賃貸物件にかかる初期費用の内訳と相場は以下の通りです。

初期費用の内訳 相場
敷金 家賃1ヶ月分程度
礼金 家賃1ヶ月分程度
前家賃 家賃1ヶ月分程度
仲介手数料 家賃0.5ヶ月〜1ヶ月分程度
火災保険料 一人暮らしなら1.5万円程度
家賃保証料 家賃0.5ヶ月分程度
引っ越し費用 1人分で3〜10万円程度
家具・家電購入費 一人暮らしなら10万円程度

このように、通常の賃貸物件を契約する場合の初期費用は、家賃の4.5〜5ヶ月分程度が相場となります。また、初めて一人暮らしをする場合、家具や家電も全て買い揃える必要があるでしょう。そのため、賃貸物件暮らしはシェアハウス暮らしと比較すると、ある程度まとまった初期費用が必要です。

他にも、毎月以下のような固定費を負担する必要があります。

固定費の内訳 相場
共益費・管理費 0.5万円〜1万円程度
水道光熱費 実費負担
※一人暮らしなら平均7,265円(総務省、家計調査2019年より)

ちなみに、1つの賃貸物件を2人以上でシェアする「ルームシェア」の場合には、上記の初期費用や家賃などをシェアする人と折半することができます。

ADDressならシェアハウスの初期費用が0円!

ここまでは、シェアハウスと通常の賃貸物件の初期費用や毎月の固定費について紹介してきました。シェアハウスなら、通常の賃貸物件に暮らすよりも初期費用を抑えることができるのは確かです。しかし、契約手数料やデポジットは請求されるため、「初期費用0円」というわけではありません。
初期費用をかけずにシェアハウス暮らしをスタートさせたい方には、ADDressが提供する定額住み放題のサービスがおすすめです。ADDressなら初期費用0円でシェアハウス暮らしを始めることができます。
続いては、ADDressのサービスについてメリットや魅力を紹介します。

月額4.4万円(税込)~全国定額住み放題

ADDressの月額費用は4.4万円(税込)~です。月額費用には、電気代、ガス代、水道代も含まれており、それぞれの家にはWi-Fi設備も整えられています。
共益費や水道光熱費を負担する必要がないため、初期費用だけでなく固定費も抑えてシェアハウス暮らしを始めることができます。
(住民票の設置が可能な専用ドミトリーベッドを契約する場合、別途料金が必要です)

敷金、礼金、保証金なしで初期費用が本当に0円

敷金、礼金、保証金なしで初期費用が本当に0円

ADDressの家でシェアハウス暮らしを始めるにあたって必要なのは、月額費用4.4万円(税込)のみです。
賃貸物件のように敷金や礼金、仲介手数料をご負担いただく必要はなく、シェアハウスで必要になる保証金やデポジットの請求もありません。生活に必要な家具や家電、キッチンの調理用具は全ての家に完備されているため、新しく購入する必要もなく、初期費用は本当に0円です。

全国各地の家に住み放題

ADDressが運営する家は、首都圏だけでなく全国各地に150ヶ所以上(2021年4月現在)あります。生活の拠点として使っていただくこともできますし、全国の拠点を移動しながら旅行感覚でシェアハウス暮らしを楽しむことも可能です。
全国にあるADDressの家の空室状況は、会員サイトから確認することができます。

家族や固定のパートナーなら無料で利用可能

ADDressの家は、契約者の二親等以内の家族(両親、夫や妻、兄弟姉妹など)や固定のパートナー1名までなら追加費用なしでご利用いただくことができます。両親や兄弟姉妹との旅行、彼氏彼女との旅行の長期滞在施設としても活用できるのが魅力です。

さまざまな人との交流を楽しめる

ADDressの家は、同時期に複数の会員が滞在する形で運営されています。シェアハウスのように常に同じメンバーで生活をするわけではありませんが、さまざまな土地でさまざまなライフスタイルを送っている方たちと出会うことができるため、毎回新鮮な気持ちで滞在を楽しむことができます。また、各家では個性的な「家守(やもり)」が管理を担当しており、その土地ならではのアクティビティなどを紹介しています。「おかえり」と言ってくれる素敵な家守との出会いも ADDressの暮らしの醍醐味です。

シェアハウスの初期費用を抑えるなら定額住み放題ADDressがおすすめ

今回は、シェアハウス暮らしにかかる初期費用の内訳や相場、通常の賃貸物件の初期費用との違いについて紹介してきました。シェアハウスの場合、通常の賃貸物件を契約するよりも、初期費用を抑えて暮らすことが可能です。しかし、契約手数料や保証金、デポジットはかかるため、初期費用0円というわけではありません。
初期費用0円でシェアハウスでの暮らしをスタートさせたい方には、ADDressの定額住み放題のサービスをおすすめします。ADDressなら、敷金や礼金、保証金といった初期費用は一切かからず、月額4.4万円(税込)のみで、全国にあるADDressの家でのシェアハウス暮らしをスタートできます。全国150ヶ所以上ある家の詳細については会員サイトにてご確認いただけます。興味がある方は、ぜひ無料の会員登録をしてみてください。

▼無料会員登録で家情報を見る▼
https://register.address.love/

▼オンライン説明会やイベントはこちらから▼
https://sites.google.com/address.love/event/