シニアが暮らしやすいシェアハウスの特徴は?ADDressの家もおすすめ!

少子高齢化が進んでいる日本では、シニア世代の方が集まって暮らすシェアハウスが注目を集めています。
この記事では、シニアが暮らしやすいシェアハウスの特徴やメリット、おすすめの家を紹介します。

シェアハウスを選ぶシニアが増えている理由

シェアハウスを選ぶシニアが増えている理由は大きく2つあります。
1つ目は、シェアハウスで暮らすことで一人暮らしの寂しさや不安から解放されるという点です。歳をとるといつ何があるか分かりませんし、一人でいることに孤独を感じる方もいるでしょう。しかし、シェアハウスであれば、いつも誰かが近くにいるという安心感があり、話し相手がいることで寂しさも拭うことができます。
シェアハウスを選ぶシニアが増えている2つ目の理由としては、身体機能の維持や認知症予防につながることもあげられます。シェアハウスはサービス付き高齢者住宅とは違い、自分のことは自分で行います。そのため、元気なうちはシェアハウスで暮らして身体を動かしたいというシニア世代も多いのです。

シニアもシェアハウスに住める?

最近では、シニア向きのシェアハウスも普及が進んでいます。
国土交通省が「終身建物賃貸借制度」についての省令を改正したことを背景に、9㎡以上のシェアハウス型住宅も終身建物賃貸借事業に活用できるようになりました。

“終身建物賃貸借制度は、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき、高齢者単身・夫婦世帯等が終身にわたり安心して賃貸住宅に居住することができる仕組みとして、借家人が生きている限り存続し、死亡時に終了する相続のない一代限りの借家契約を結ぶことができる制度です。”
(引用:終身建物賃貸借標準契約書 – 国土交通省)

床面積やバリアフリー基準が大きく緩和され、高齢者が安心して暮らせる賃貸住宅を確保しやすくなったことで、シニア向きシェアハウスが作りやすくなったため、シニアが住めるシェアハウスは今後さらに普及することが期待されています。

シニア向きシェアハウスの特徴やメリット

シニア向きシェアハウスの特徴やメリット

続いては、シニア向きシェアハウスの特徴やメリットを紹介します。

バリアフリー設備が充実

シニア向きシェアハウスは、バリアフリー設備が充実しているという特徴があります。
廊下や浴室、トイレなどに手すりが設置されたシェアハウスなど、シニア世代の住みやすさを重視したシェアハウスも増えています。

住人同士の交流がある

共用スペースの多いシェアハウスでは住人と顔を合わせる機会が多く、シニア向きシェアハウスの場合も住人同士の交流があります。
住人同士で一緒に食事をしたり、家事を分担したりとお互い支え合いながら暮らすこともできるため、一人暮らしのときよりも安心して暮らすことができるでしょう。

初期費用が安い

シニア向きのシェアハウスは、通常の賃貸マンションに比べて家賃が安く、一人で賃貸マンションに暮らすよりも費用を抑えることができます。
また、介護施設とは異なるため一時入居金も発生せず、定期的に自宅にかかる修繕費も家主が負担するため、長期的に見ても費用負担は軽くなる場合が多いです。

シニアが暮らしやすいシェアハウスのおすすめは?

シニアがシェアハウスで暮らすなら、ADDressの家を活用してみてはいかがでしょうか。
ADDressの家は複数の会員が同時期に滞在するシェアハウススタイルで、会員の年齢に制限はなく、20代からシニア年齢層まで幅広い年代の方が利用しています。さまざまな世代の方が利用するADDressの家なら、シニア同士だけではなく、普段の生活では知り合うことのない新たなコミュニティの形成も期待できるでしょう。
ADDressの家をシェアハウスとして利用する場合、かかる費用は4.4万円(税込)~の月額費用のみで、全国に220ヶ所以上(2021年12月)ある好きな家を選んで滞在することができます。敷金や礼金などの初期費用はかからず、光熱費やインターネット利用料金も月額費用に含まれています。
また、オプション料金で専用ベッドや個室を確保することができるため、頻繁な移動がしづらいという方は、住民票を置いてゆっくりと生活するのも良いでしょう。
そこでここからは、ADDressの家の中でも専用ベッドプランの個室があるシニア向けの家を紹介します。

三浦A邸

三浦A邸

マグロで有名な神奈川県三浦市の三浦漁港近くにある三浦A邸は、三崎口駅からバスで14分、最寄りバス停の三崎東岡から徒歩4分、相模湾まで徒歩1分ほどのところにあるADDressの家です。
三浦A邸は料理を存分に楽しめる広々としたキッチンとのんびりと休める7畳の居間、それぞれの個室があり、港町らしく風がよく吹き抜けるのが特徴です。洋室にはダブルのマットレスが入ったダブルベッドが用意されており、シニア世代の方に喜ばれています。
また、三浦は移住者の多い地域で溶け込みやすく、地域の人々とも交流しやすい街でもあります。昔ながらの街並みに溶け込んだおしゃれな本屋さんやカフェを巡りながら、散策するのも楽しいでしょう。

道後温泉A邸

道後温泉A邸

愛媛県松山市にある道後温泉A邸は、風情溢れる温泉街の近くに建つ、くつろぎと癒しを味わえるADDressの家です。狭い路地裏の先に建つ木造2階建ての建物で、広々としたキッチンと共有スペースがあるなど大人数での同時滞在でも過ごしやすい間取りのため、住人同士の交流もしやすいでしょう。
各個室はタイルカーペットによる優しい肌触りが特徴的で、すべてベッドタイプの部屋となっているため、シニア世代の方も寝起きしやすいのが魅力です。
道後温泉A邸は徒歩圏内にスーパーがあるので自炊もしやすく、商店街や観光地としても知られる道後温泉も近いため、ご当地グルメを食べ歩きしたり、滞在の間の観光をしたりと楽しみながらシェアハウス生活を送ることができるでしょう。

大洲A邸

大洲A邸

愛媛県西部にある大洲市にある大洲A邸は、歴史情緒の溢れる伊予の小京都を味わうことができるADDressの家です。伊予大洲駅から徒歩20分の古い町並みを抜けた先にあります。
白の外壁が特徴的な大洲A邸は、1階がコミュニティスペースとなっており、住人だけでなく地域の人々との交流がしやすい家となっています。
2階の個室にはベッドタイプの部屋もあり、個室(203、204)からは清流肱川の景観を一望することができるため、窓を開けて椅子やソファに座りながら、美しい風景を堪能するのも良いでしょう。
他にも大洲A邸はコンビニやスーパーも近く、生活がしやすい環境でありながら、天然温泉「我流の湯」や日曜限定の昭和30年代のレトロな雰囲気漂う「ポコペン横丁」などの見どころもあり、楽しみながら滞在できるシェアハウスとしておすすめです。

シェアハウスはシニアにも人気!ADDressの家もおすすめ

今回は、シニア世代にも人気の高いシェアハウスの特徴や、おすすめのADDressの家について紹介しました。
シニアに限らず、住人同士のコミュニケーションを楽しめるシェアハウスは、家賃や初期費用を抑えて入居することができ、話し相手がいるため安心感のある生活を送ることができます。
ADDressは月額4.4万円(税込)~で暮らすことができ、オプション料金で専用ベッドや個室を確保すれば住民票を置いてゆっくりと生活をすることも可能です。家守(やもり)と呼ばれる生活をサポートしてくれるコミュニティマネージャーもいるため、シニア世代の方も安心して利用することができるでしょう。
全国にあるADDressの家の情報は会員サイトでご確認いただけます。気になる方はぜひADDressの家のメール会員(無料)に登録してみてはいかがでしょうか。