週末をセカンドハウスで過ごす暮らし方、メリット・デメリットを紹介

週末をセカンドハウスで過ごす暮らし方に、憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。
この記事では、週末をセカンドハウスで過ごすメリットやデメリット、セカンドハウスとしておすすめの家について紹介します。

セカンドハウスとは?別荘との違い

最近注目を集めているセカンドハウスとは、その名の通り、自宅とは別に2つ目の家を持つことです。
セカンドハウスと別荘の違いが分からないという方もいるかもしれませんが、別荘は余暇を過ごすために訪れる家であるのに対し、セカンドハウスは、長距離通勤をする人が通勤を便利にするための家や週末を家族と過ごす家など、日常的に利用する家を指すのが一般的です。

週末をセカンドハウスで過ごすメリット

週末をセカンドハウスで過ごすメリット

続いては、週末をセカンドハウスで過ごすメリットについて紹介します。

ワークライフバランスの充実

週末をセカンドハウスで過ごすことで、ワークライフバランスの充実をはかることができます。平日の住まいと休日の住まいを分けることで、オン・オフの切り替えが付きやすくなり、生活にメリハリをつけることができるでしょう。
都会の喧騒を離れて静かな環境で過ごす週末は、リフレッシュにもつながるのではないでしょうか。

都会ではできない体験ができる

週末は都会ではできない体験をしたいという方にもセカンドハウスはおすすめです。
郊外にセカンドハウスを設けることで、キャンプや登山などのアクティビティをはじめ、家庭菜園やDIYなど、都会ではしづらい趣味も思いっきり楽しむことができます。また、自然の中で子どもを思いっきり遊ばせることもできるため、子どもをのびのびと育てたい子育て世代にもおすすめです。

新たな人脈が広がる

都会では自宅と会社の往復だけという毎日を過ごしている方も、週末はセカンドハウスでのんびりと過ごしながら、地域の行事や農業体験などに参加をしてみてはいかがでしょうか。普段の生活とは異なる地域で交流を深めることができれば、人脈づくりにもつながります。

週末をセカンドハウスで過ごすデメリットや注意点

週末をセカンドハウスで過ごすメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットや注意点もあります。
ここからは、週末をセカンドハウスで過ごすデメリットと注意点を紹介します。

家購入や賃貸には初期費用がかかる

セカンドハウスの購入や賃貸には、初期費用がかかります。
借りる場合は初期費用として敷金、礼金、仲介手数料などがかかり、購入する場合はさらに高額の資金が必要です。また、引っ越し費用や家具・家電の購入費用、保険料なども用意する必要があります。
他にも、週末をセカンドハウスで生活するとなればライフラインは必須です。自宅とは別に電気代やガス代、水道代などの光熱費もかかり、インターネット回線や修繕費、メンテナンス費用などもかかります。
初期費用や維持費がかかることも想定した上で、セカンドハウスを持つかどうかをしっかりと検討しましょう。

移動のための時間や費用がかかる

週末をセカンドハウスで過ごすためには、移動の時間や交通費がかかることも念頭に置いておかなければいけません。
往復の交通費が高い場合や、交通の便が悪く移動時間がかかる場合などは、生活の拠点として使い続けることが難しくなり、足が遠のいてしまう可能性があります。

家管理やセキュリティ面で不安がある

セカンドハウスを週末のみ利用する場合、不在となる日が多くなる分、セキュリティ面や家管理で不安が生まれやすいです。
例えば、防犯対策として防犯カメラの導入や警備会社との契約をしたり、敷地内や周辺の清掃はもちろん、建物の修繕や庭の手入れなども2件分行ったりしなければならないため、手間と費用がかかる点はデメリットと言えるでしょう。

ADDressの家は週末を過ごすセカンドハウスとしてもおすすめ

週末を過ごすセカンドハウスをお探しなら、ADDressの家を活用してみてはいかがでしょうか。
ADDressの定額住み放題サービスは、全国に220ヶ所以上(2021年12月現在)ある家の中から、お好きな家を選んで短期滞在していただけるサービスです。初期費用は一切かからず、光熱費やインターネット使用料金も月額費用に含まれているため、月額4.4万円(税込)~の月額費用のみの負担でADDressの家をセカンドハウスとして利用することが可能です。また家守(やもり)と呼ばれる管理人がいるため、家の管理やセキュリティ面でも安心感があると言えます。
ここからは、週末を過ごすセカンドハウスとしておすすめのADDressの家を紹介します。

葉山A邸

葉山A邸

都心から電車で約1時間にある葉山A邸は、気軽にリゾート気分を味わえる海と山に囲まれたADDressの家です。2021年11月にできたばかりのる新築の家で、自然豊かな街の高台にあるため、美しい海を眺望できます。
海が近い葉山A邸は、由比ガ浜などのサーフィンスポットにもアクセスしやすく、葉山港や葉山マリーナなどのマリンスポーツ施設も近くにあります。週末にセカンドハウスとして滞在しながら海のアクティビティを楽しみたい人におすすめです。

軽井沢A邸

軽井沢A邸

日本を代表する高原リゾートエリアの中央に位置する軽井沢A邸は、しなの鉄道中軽井沢駅から徒歩15分強の場所にあるADDressの家です。自然に囲まれた静かな環境に杉板貼りのロッジ風の空間が広がるのが特徴で、週末をセカンドハウスでのんびりと過ごしたい人におすすめです。
また、軽井沢A邸のある軽井沢では、豊富な自然や温泉、アート・建築めぐりができるだけではなく、四季を通してさまざまな自然のアクティビティを楽しむことができます。

尾道A邸

尾道A邸は尾道唯一の漁師町に建つ波打ち際にあるADDressの家です。駅からは少し離れた場所にありますが、海沿いや商店街、神社仏閣などの街並みを眺めながら歩くうちに到着するため、地元の雰囲気を肌で感じることができるでしょう。
尾道A邸は広々とした吹き抜け空間と、開放感のある水平連続窓のキッチンから一望できる尾道水道や漁師町の風景が魅力の1つです。窓を開けると、潮風とほのかな海の匂いが感じられ、ゆったりとした田舎の時間を味わうことができるでしょう。

週末はセカンドハウスでリラックスして過ごそう!

セカンドハウスでゆっくりとした週末を過ごすことに憧れを抱く人も多いものです。しかし、実際に家を購入したり、借りたりするとなると、初期費用はもちろん維持費が意外とかかります。
ADDressの定額住み放題サービスであれば、月額費用のみの負担で週末セカンドハウスライフをスタートすることができます。ADDressの家は全国に220ヶ所以上(2021年12月現在)あるため、好きな家を選んでセカンドハウスとして利用してみてはいかがでしょうか。
今回紹介したADDressの家情報や写真は、会員サイトでいつでもご確認いただけます。メール会員登録は無料なので、ぜひお気軽にご登録ください。