住む場所の決め方ってどうしてる?初めての一人暮らしにおすすめの方法

初めて一人暮らしをするにあたって、住む場所の決め方に迷うという人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、これから初めて一人暮らしを始める人に向けて、住む場所を決めるおすすめの方法について紹介します。

目次

  1. 一人暮らしで住む場所はどうやって決める?
  2. 一人暮らしで住む場所に失敗したくない!おすすめの決め方はある?
  3. 東京お試し一人暮らしにおすすめのADDressの家を紹介
  4. 一人暮らしで住む場所の決め方に迷ったらADDressを活用しよう

一人暮らしで住む場所はどうやって決める?

まずは、一人暮らしで住む場所を決める際にチェックすべきポイントについて紹介します。

通勤や通学がしやすい場所

一人暮らしで住む場所を決める場合、会社や学校までのアクセスは必ずチェックしましょう。
単純な距離だけでなく、「電車の乗り換えは必要か」「バス停や駅まで徒歩でどのくらいか」など細かい条件も確認しながら、毎日の通勤や通学がしやすい場所がおすすめです。

住みたい街ランキングをチェック

一人暮らしで住む場所の決め方としては、住みたい街ランキングを参考にするのもおすすめです。住みたい街ランキングは駅単位で公表されているので、住む場所を決めるのに役立ちます。

生活しやすい環境があるか

一人暮らしを始めるにあたっては、スーパーやコンビニなど生活に必要なものを買い物できる場所が家の近くにあると便利です。
また、駅の近くに商業施設などがあると街全体ににぎわいがあって住みやすいでしょう。

家賃相場は予算内か

賃貸物件情報サイトでは、駅ごとの家賃相場が公開されています。
一人暮らしの場合、1ルーム、1K、1LDK、1DKなどの間取りを選ぶのが一般的ですが、同じ間取りや広さでも、1駅違うだけで家賃が大きく変わることもあるので、予算に合わせて住む場所を決めるときの参考になるでしょう。

治安の良さも重要

一人暮らしで住む場所を決めるときは、治安の良さも重要なポイントになります。
警視庁のHPの「犯罪情報マップ」を活用すれば、女性や子供に対する声かけ事案、身近な犯罪の発生状況を地図で確認することができるため、住みたい地域の治安を事前に調べておくと安心です。
もし、他の地域と比べて著しく犯罪件数が多いようなら、一人暮らしで住む場所としては避けたほうが良いでしょう。

一人暮らしで住む場所に失敗したくない!おすすめの決め方はある?

一人暮らしで住む場所に失敗したくない!おすすめの決め方はある?

続いては、一人暮らしは始めたいけど、どこに住めば良い迷ってしまって決められないという人に、おすすめの決め方を紹介します。住む場所選びに失敗したくないという人に最適な方法なので、ぜひ参考にしてください。

いろいろな場所にお試しで住んでみる

その地域の住みやすさは、実際に住んでみなければ分かりません。
そのため、一人暮らしで住む場所選びに失敗したくない場合は、短期滞在ができる施設を利用してお試し一人暮らしを始め、住みやすさを実際に体験してみる方法がおすすめです。
候補地をいくつか決め、実際に住んでみることで、「一番住みやすい場所」を見つけることができるでしょう。

ADDressの家を活用すればお試し一人暮らしが可能

ADDressでは、全国の家を移動しながら月額4.4万円(税込)の定額で住むことができる住み放題サービスを提供しています。敷金・礼金・保証金といった初期費用も不要なため、気軽に一人暮らし体験ができます。
各拠点にはWi-Fiや個室の寝具、キッチンや調理道具、家具や洗濯機が完備され、個室が備えられた家もあるので、スーツケース1つで移動しながら、複数の気になる地域でお試し一人暮らしを始めてみてはいかがでしょうか。
実際に一人暮らしをしてみることで、その地域の住みやすさやその街の魅力を知ることができるでしょう。

東京お試し一人暮らしにおすすめのADDressの家を紹介

続いては、東京都内にあるADDressの家のうち、お試し一人暮らしにおすすめの拠点をいくつか紹介します。

二子玉川A邸(個室)

二子玉川A邸(個室)

二子玉川A(個室)は、住みたい街ランキングでも上位にランクインする二子玉川エリアにある家です。
二子玉川駅周辺には高島屋二子玉川ライズといった大型ショッピングセンターがあり、映画館や無印良品なども近くにあります。ADDressの家があるのは二子玉川駅からバスと徒歩で20〜30分ほどの住宅地で、徒歩5分圏内に多摩川が流れています。個室に滞在できる拠点なので、一人暮らしのシミュレーションにぴったりです。

品川A邸(個室)

品川A邸(個室)

品川駅から徒歩12分という場所には、ADDressの家の品川A邸があります。
品川A邸は、江戸時代から続く宿場町「品川宿」のまちづくりの一環として運営されている「ゲストハウス品川宿」との提携拠点です。品川の古き良き文化を楽しみながら滞在することができるので、一人暮らしで品川エリアに住んでみたいという方のお試しにおすすめの拠点となっています。
駅から近いのはもちろん、家の周辺にはコンビニ(ファミリーマート)やスーパーマーケット、郵便局があり、生活環境も整っています。その他にも、和菓子屋や豆腐屋、呉服屋や下駄屋など、歴史ある商店が立ち並んでいて、下町の懐かしい雰囲気を味わいたい方にもぴったりです。2段ベッドを有した個室とシングルベッドの個室があるので、条件に合わせて予約しましょう。

新宿A邸(個室)

新宿A邸(個室)

東京を代表するターミナル駅新宿駅の周辺も一人暮らしの人気エリアの一つです。
ADDressの家の新宿A邸は、東京メトロ西新宿駅から徒歩1分、JR新宿駅西口からも徒歩10分という場所にあります。ホテル「ローズガーデン新宿」と提携した拠点なので、ホテル宿泊と同じ感覚でご利用いただけます。
新宿A邸は、新宿の中心エリアでの一人暮らしを体験できる家になっており、客室は落ち着くベージュを基調としています。近くにはコンビニやスーパーマーケット、ドラッグストアがあり生活環境が整っているほか、小田急百貨店や三越伊勢丹、高島屋といった百貨店やヨドバシカメラ、ビックカメラといった家電量販店も徒歩圏内です。

上野B邸(個室)

上野B邸(個室)

上野B邸は、上野駅入谷口から徒歩2分の場所にあるADDressの家の拠点です。
都心へのアクセスが良好で、会社へのアクセスを重視する方に人気の上野エリアの中心で一人暮らしが体験できます。
上野B邸は「GRIDS TOKYO UENO HOTEL & HOSTEL」との提携拠点で、フロントスタッフが24時間常駐しているので安心して滞在いただけます。コンビニまでは徒歩2分、スーパーマーケットまでは徒歩8分と周辺の生活環境も整っています。

一人暮らしで住む場所の決め方に迷ったらADDressを活用しよう

一人暮らしで住む場所をどうやって決めようか悩んだら、実際にお試しで住んでみるのがおすすめです。候補地をいくつかに絞り、それぞれの場所に実際に短期間だけ住んでみて、住みやすいと感じた街で賃貸物件を借りると失敗がないでしょう。
お試し一人暮らしにおすすめしたいのが、ADDressの定額住み放題サービスです。
ADDressでは、月額4.4万円(税込)で全国の家に定額住み放題になるサービスを提供しています。全国47都道府県に拠点を運営しているADDressですが、東京都内の拠点も多数ございます。今回紹介したような都心エリアから、少し離れた郊外エリアまで多種多様な家に滞在していただけます。拠点の詳細は会員サイトにて公開しておりますので、ぜひお気軽に会員サイトにご登録ください。

ADDress【公式】定額住み放題 多拠点生活プラットフォーム