テレワーク疲れはADDressで解消しよう!おすすめの家を紹介

テレワークには、ワークライフバランスの実現や通勤によるストレスの緩和などのメリットがあります。しかし、テレワークを長く続けていると、テレワークならではの疲れを感じる人も多いようです。
そこで今回は、テレワーク疲れの原因や解消する方法、テレワークに疲れた人の気分転換におすすめのADDressの家を紹介します。

目次

  1. テレワーク疲れを感じる人続出!その原因はどこにある?
  2. テレワーク疲れを解消するにはどうすればいい?
  3. テレワークに疲れた人にはADDressの家がおすすめ
  4. テレワーク疲れの解消・予防にADDressの家を活用しょう

テレワーク疲れを感じる人続出!その原因はどこにある?

テレワークによって疲れを感じる人が増えているようです。
そこでまずは、通勤の必要がないテレワークでなぜ疲れてしまうのか、テレワーク疲れの原因について見ていきましょう。

コミュニケーション不足

オフィス勤務の場合、会社に行けば自然と上司や同僚と顔を合わせることになり、まずは挨拶から1日が始まるケースがほとんどです。また、ランチタイムには気の合う同僚と一緒に食事をとるという人も多いでしょう。
会社に行くだけで必然的に誰かとコミュニケーションをとる機会があるオフィス勤務と違い、テレワークの場合、自宅で一人で仕事をするという人が大半です。家から一歩も出ることがなく、誰にも会わずに1日が終わるというケースも決して珍しいことではないため、コミュニケーション不足による不安感やストレスが、テレワーク疲れの原因になっていると考えられています。

運動不足

身体的にも精神的にも健康な毎日を送るために欠かせないのが、適度な運動です。
オフィス勤務の場合、通勤時に駅まで歩いたり、会社まで歩いたりなど、日常生活を送るだけである程度の運動を行うことができます。
しかし、テレワークで家から出ない生活を続けていると、どうしても運動不足になりがちです。運動不足は体力や筋力の低下を招くだけでなく、血流が悪くなることで疲労物質が溜まりやすくなり、疲れを感じやすくなることがあります。また、テレワークで長時間座り続ける毎日はメンタルにも悪影響を及ぼすことがあり、ストレスから疲れを感じる人もいるようです。

閉塞感や孤独感

テレワーク中誰に会うこともなく家で黙々と仕事をしていると、閉塞感や孤独感を感じることもあるでしょう。また、テレワーク中はメールやチャットでの社内・社外連絡が増えるため、伝えたいことが上手く伝わらずにトラブルを招いてしまったり、連絡をしても返事が来ないと無視をされているように感じたり、自分は誰にも必要とされていないのではないかと感じてしまうこともあるかもしれません。
このような閉塞感や孤独感はテレワーク疲れの原因となる可能性が高く、酷くなるとメンタルヘルス不調を招くおそれもあるため、注意が必要です。

テレワーク疲れを解消するにはどうすればいい?

テレワーク疲れを解消するにはどうすればいい?

テレワークによるさまざまな疲れを解消するためには、どうすれば良いのでしょうか。
ここからは、テレワーク疲れを解消する方法をいくつか紹介します。

適度な運動を取り入れる

運動不足が気になる場合は、毎日少しずつでも運動を取り入れるようにしましょう。軽めの運動でもストレス発散の効果があります。
例えば、始業前や終業後に散歩をしたり、朝早く起きてランニングをしたり、テレワーク中の休憩時間に筋トレを取り入れてみるのもおすすめです。

働く場所を変えてみる

毎日自宅の同じ場所で働いていると、閉塞感を感じる原因となってしまいます。
そのため、テレワーク疲れの兆候を感じたときは、コワーキングスペースやカフェなど、自宅以外の場所で仕事をしてみるのもおすすめです。
同じ仕事内容でも場所を変えるだけで気分転換やリフレッシュができるでしょう。

オン・オフの切替を意識する

自宅で仕事をするテレワークでは、仕事とプライベートでの気持ちの切り替えが難しいと感じる人もいるでしょう。
仕事による疲れをプライベートにまで引きずらないためには、オン・オフの切り替えをしっかりと意識することが大切です。例えば、仕事が終わったら着替える、就業時間が終わったらパソコンがある部屋には入らないなど、自分なりの切り替え方法を模索してみると良いかもしれません。

テレワークに疲れた人にはADDressの家がおすすめ

テレワーク疲れを感じたら、ADDressの定額住み放題サービスを利用して、働く場所を変えてみてはいかがでしょうか。
ADDressの会員になると、全国47都道府県に200ヶ所以上(2021年10月現在)あるADDressの家から好きな家を選んで短期滞在することができます。(連続最大7日間)。すべての家にWi-Fiなどのインターネット環境があり、移動回数に制限はないため、会員料金月額4.4万円(税込)だけで、全国を旅行感覚で移動しながら気分を変えてテレワークをすることができます。
そこで続いては、ADDressが運営する中でも特にテレワーク疲れの解消におすすめしたい家をいくつか紹介します。

白馬A邸

白馬A邸

白馬A邸は、人口9,000人という白馬村にある小さなゲストハウスです。滞在中無料で使えるコワーキングスペースがあり、常時500冊の本を揃えているので仕事の息抜きに読書を楽しむこともできます。また、徒歩圏内には温泉やスターバックスコーヒー、アウトドアショップなどがあり、テレワークのあとで散歩を楽しんだり、温泉で疲れを癒したりするのもおすすめです。
また、休日には周辺施設でスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツをはじめ、トレッキング、マウンテンバイクなど自然のアクティビティを楽しめるため、テレワークによる運動不足を感じている人も、思いっきり体を動かすことで気分転換やリフレッシュにつながるでしょう。
白馬駅から徒歩3分と便利な場所にあるため、遠方からでもアクセスしやすい家です。

札幌A邸

札幌A邸

札幌A邸は各個室にトイレとシャワーがついたシェアハウスです。
プライベート空間が充実しているのでテレワーク中も仕事に集中することができ、仕事のあとは広いリビングでシェアハウスの住人や他の会員との交流を楽しむことも可能です。リビングの他にも大きな画面で映画鑑賞ができるシアタールームや、マンガが読み放題のリラックスルームなど、息抜きスペースが非常に充実しています。
また、札幌駅から電車で20分とアクセスも良好なので、休日には札幌観光を楽しみながらリフレッシュするのもおすすめです。

伊那A邸

伊那A邸

伊那バスターミナルから徒歩1分、JR伊那市駅から徒歩2分とアクセス良好な場所にある伊那A邸は、1階が板前割烹、2階がまちやど、3階がADDressの家というユニークな複合施設です。
3階にあるADDressの家からは、開放感あふれる南アルプスの絶景を楽しむことができ、2階にはまちやどと共有するコワーキングスペースもあるので、仕事に集中したい人にもおすすめです。
家から街の商店街までは徒歩3分、仕事終わりや休日には周辺のカフェやレストラン散策も楽しめます。

別府A邸

別府A邸

日本一の温泉県、大分県の別府市にあるADDressの家は、別府八湯の1つ鉄輪温泉のすぐ近くにあります。別府エリアは他にも温泉施設が充実しているため、息抜きに湯巡りを楽しむこともできます。別府の温泉街のレトロな街並みや自然豊かな環境が、テレワークで疲れた心と身体を癒してくれます。
個室で仕事をすることも可能ですが、家から徒歩5分程のところには、「a side」というコワーキングスペースもあります。

テレワーク疲れの解消・予防にADDressの家を活用しょう

テレワークを長く続けていると、テレワークならではの疲れを感じてしまうことがあります。テレワーク疲れは酷くなるとメンタルヘルス不調を引き起こす原因にもなり兼ねないため、適度な運動を取り入れたり、働く場所を変えたりすることで早期解消を心がけましょう。
働く場所を変えることでテレワーク疲れを解消するなら、ADDressの定額住み放題サービスの活用がおすすめです。ADDressでは、今回紹介した家以外にも、全国各地に魅力的な家を多数運営しています。全国にある家の情報は会員サイトにて写真付きで紹介しているので、気になる方はぜひ無料のメール会員にご登録のうえご確認ください。