【山陰の小京都】江戸末期に建てられた石州瓦の古民家

津和野A邸

島根県

家について

推定築160年以上、江戸末期に建てられたと思われる古建築を活用したADDressの家がオープンしました。赤茶色の石州瓦で覆われたこの家は、記録に残る範囲では明治中期より醤油の醸造販売を行っていたそうで、戦時中の統制で醸造を廃止、以後、文房具、石州和紙店として姿を変えながらも地域に親しまれてきました。しばらく空き店舗のままでしたが、この度建物の希少性を鑑み、後世に残したいという思いから修復が行われ、和モダンな空間へと生まれ変わりました。またADDressの家としてだけでなく、1Fには島根県立大学やADDressのサテライトオフィスが入るなど、他の家にはない特徴もあります。

通りに面した玄関土間は、備え付けのテーブルや床の段差に腰掛けることで、大人数が一緒に過ごせる開かれた空間です。奥には和室があり、趣ある空間が広がります。
キッチンには業務用コンロやオーブンが備えつけられており、本格的な料理にも適しています。作業台兼ダイニングテーブルは大勢での食事も可能にします。WC、浴室(シャワー室含む)は二か所あるので待ち時間も少なく利用できるのも嬉しいポイントです。

各個室にはデスク&チェアが完備されているので、リモートワークにも最適です。(101のみ座卓&座布団)

注意点として、古い建物であるため、2Fは特に天井が低いのでお気をつけください。島根県立大学、ADDress津和野オフィススペースは立ち入りできません。

設備・備品・サービス

▼リビング・ダイニング
・ダイニングテーブル(椅子4脚)

▼和室
・座卓(座布団4枚)

▼土間
・テーブル(椅子6脚)

▼キッチン
・コンロ(ガス2口)
・冷蔵庫
・電子レンジ
・トースター
・電子ケトル
・炊飯器
・フライパン/鍋
・包丁
・まな板
・菜箸/おたま/ヘラ/トング
・食器/カトラリー

▼洗面浴室
・バスタブ
・シャワーブース
・ドライヤー
・トイレ×2 ※温水洗浄便座あり

▼洗濯機
・洗濯機 100円/回
・乾燥機 100円/回

コワーキング

10席

・収容可能人数:6~10名(土間)
・共有
・無料

部屋

101

  • 個室(定員3名)

  • 和布団 x 3

  • 1泊1枚

座卓/座布団

102(受入不可)

  • 個室(定員1名)

  • 和布団 x 1

  • デスク/チェア

  • 1泊1枚

障子/縁側を挟んで窓があるタイプの個室です・個室内には窓がありません

201

  • 個室(定員3名)

  • 和布団 x 3

  • デスク/チェア

  • 1泊1枚

連泊割3泊2枚

2023年11月22日 ~

202

  • 個室(定員3名)

  • 和布団 x 3

  • デスク/チェア

  • 1泊1枚

  • 予約の埋まりやすい部屋

連泊割3泊2枚

2023年11月22日 ~

滞在エリア

島根県津和野町は、島根県の南西部、山口県との県境に位置し、山深くに佇む古都の風情・美しさから「山陰の小京都」とも呼ばれています。
「つわぶきの生い茂る野」が地名の由来と言われ、鎌倉時代末期に津和野盆地を一望する霊亀山(れいきさん)に城が築かれると、山陰と山陽を結ぶ街道の要衝となり、江戸時代には和紙を中心とする産業で栄えました。

町の中心部である「殿町通り」沿いには、カトリック教会、藩校養老館跡、郡庁跡、津和野藩家老多胡家表門など多くの史跡が集中しています。昔ながらの白壁も多く残り、古い城下町の落ちついた暮らしぶりにふれることができます。通り沿いにある掘割(用水路)には大小無数の鯉が群れ泳ぎ、初夏には花菖蒲の花が咲き誇るさまは、まるで歴史絵巻物を見るようです。
町を望む山の中腹には、日本五大稲荷の一つ「太皷谷(たいこだに)稲成神社」が鎮座し、千本の鳥居からなるトンネルや、高台から眺める津和野の町並みは圧巻です。

また、日本最古の流鏑馬(やぶさめ)神事や鷺舞(さぎまい)神事などの独自の文化に多くふれることができるほか、文豪・森鴎外の旧家があるなど、多くの魅力に出会うことができるのも津和野の魅力。ぜひ津和野に来て新たな発見をしてみてください。

アクセス・駐車場

公共交通機関でアクセスする場合 ▼JR山口線「津和野駅」から  →(徒歩15分)→到着 自動車でアクセスする場合 ▼萩・石見空港から  →(一般道40分)→到着 ▼山口宇部空港から  →(一般道1時間30分)→到着

周辺のお店情報

スーパー ・キヌヤ 津和野店:徒歩9分 コンビニ ・ローソン・ポプラ津和野店:徒歩6分 その他 ・殿町通り:徒歩6分 ・森鴎外記念館:徒歩9分(歴史館) ・太皷谷稲成神社:徒歩12分 ・津和野町日本遺産センター:徒歩13分(歴史館) ・道の駅 津和野 温泉 なごみの里:車4分 ・糧 -72recipes project-(旧畑迫病院):車11分(飲食店)

家守

津和野A邸家守

その他

1948年2月13日津和野生まれ
NTT退職後、津和野町役場「つわの暮らし推進課」でUIターン移住支援・定住促進する為の「空き家情報バンク」の空き家登録業務及び紹介等「くらし相談員」として勤務しました。
その際に同課で企業誘致担当者よりADDressの話を聞き縁あって家守をすることになりました。

趣味は小さい頃より習字をやっていたこともあり、墨の香が好きで水墨画を始め又、陶芸を再復活してやっています。

まだ津和野邸はスタートしたばかりでまだあたふたですが、会員の皆様に津和野にまた来たいと思ってもらえるように私自身も楽しみながらやっていければと思っています。
聞くところによると家守で2番目に若い?(笑)そうですが気持は30歳で頑張ります。
よろしくお願いいたします。

レビュー

4.67

レビュー54件

追加料金

なし

注意事項

・古い建物であるため、2Fは特に天井が低いのでお気をつけください
・島根県立大学、ADDress津和野オフィススペースは立ち入りできません

予約ポリシー

予約期限:滞在日2日前の正午まで
滞在開始:14:00 〜 21:00
滞在期限:〜 11:00
家守の予約承認が必要な家
予約申請から48時間以内に承認作業が行われます

関連テーマリスト

サービスのお申し込みはこちら

お試しで1か月だけの利用が可能です