Which plan suits me?

ADDressプラン診断

慣れ親しんだ暮らしを、地域や家を変えることで、いつもと違ったものにする。
そんな「異日常」のある暮らしに組み込むことのできるADDress。
ADDressライフに興味はあるけど、

どのプランが自分に合うのだろう?
ほかの人はどんな使い方をしているのだろう?


と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
みなさんのライフスタイルに合ったプランと活用例をお見せいたします。

2枚プランの人はこんな人!

月1回の異日常

25歳男性

都内在住 / 1人暮らし / 会社員(出社頻度は週3~4)

旅が趣味。自ら積極的に情報収集をし、進んで現地を発掘していくのがスタイル。友人が多く、休日の予定も埋まっていることが多い。たまに一人でふらっと出かけたくなる気分になり、その際にADDressを利用している。
行き先にこだわりはなく、毎月1回のADDress利用と移動そのものに小さなワクワクを感じる。
月に1回のADDress利用なので、他の会員との出会いは一期一会だと思い込んでいたが、先月の滞在で、半年前に別の家で出会った会員と偶然再会した。

#週末利用 #出社頻度多め #暮らしというよりホビー

5枚プランの人はこんな人!

おためしワーケーション

30歳男性

名古屋在住 / 一人暮らし / フリーランス(テレワーク)

web系フリーランス1年目。場所と時間を自由に選択できる働き方になったため、居住地とは別の地域にも関わりたいと思っていた。週末には、よく旅行もするが、なかなか地域と関われる入口が見つからないでいた。
ワーケーションが可能な仕事なので、ある地域に数日間~1週間くらい身を置くことで、その地域と関われるきっかけが見つかるかもしれないと思いつつも、共同生活は未経験なので、まずはADDressをお試し感覚で利用中。

#おためし利用 #ワーケーション #交流

暮らしにサードプレイスを

26歳女性

千葉県在住 / 実家暮らし / 会社員(テレワーク)

自分の生活の中に、常に両親がいる環境にだんだんと息詰まるようになっていた。リフレッシュにADDressがちょうどよいと思い、千葉県内にADDressの家が10拠点あるということも契約のきっかけとなった。
今では、一人になりたい時、人と話したいときなど、気分に合わせてADDressを利用できるようになった。最近は気の合う家守さんがいる、お気に入りの拠点に毎月1泊は滞在している。

#リフレッシュ #週末利用 #ワーケーション #交流

10枚プランの人はこんな人!

のんびり地域ステイ

67歳女性

京都在住 / 夫婦ともに定年退職

夫婦ともに旅行好き。時間はあるので、同じ地域でのんびりと過ごしたい。毎回の旅行で2名分の宿泊代金を支払ったり、外食をせざるを得ないことに、経済的な難しさを感じていた。ADDressを知り、体力的に月に何度もADDressの家を利用することはないと思ったため、10枚プランで契約。
同伴者利用制度で、夫婦2名で利用。1回当たりの滞在は1週間前後で、地域のスーパーや市場で食材を購入し、自炊することで、食費を抑えられている。他の若い会員に料理をふるまって、会話をするのがADDressライフでの楽しみ。

#セカンドライフ #のんびり滞在 #同伴者利用制度 #交流

ワーケーションのある暮らし

29歳男性

横浜在住 / パートナーと同棲中 / 会社員(テレワーク)

ずっと家で仕事することに退屈さを感じており、ワーケーションを積極的に取り入れていきたいと思っていた。落ち着ける場所として、自宅があることも大切と感じているため、「自宅ワーク:ワーケーション=7:3」くらいがちょうどよいと考え、10枚プランで契約。
場所を変えてのリフレッシュによる仕事効率の改善を目的にADDressを始めたが、今では職場以外の人間関係、特に人生の先輩のような人と知り合うことで、自分のライフプランを考える良い機会にもなっている。

#ワーケーション #リフレッシュ #交流

15枚プランの人はこんな人!

納得感をもって移住を決断するために

55歳女性

大阪在住 / 夫婦二人暮らし / フリーランス(テレワーク)

夫婦二人暮らし。子どもたちは社会人になり家を出たため、今の家の広さは必要ないと考えている。また、セカンドライフは、都市部よりも程よい地方で暮らしたいとも思っている。
夫は出勤が必要な仕事だが、自分は場所を選ばない仕事をしているので、1度に数日~1週間ほどADDressを利用し、移住候補地に滞在している。なるべく多くの地域で、自分がその地域で実際に暮らしたときのイメージをできるだけ鮮明に掴んだ上で、移住に踏み切りたい。

#移住地さがし #セカンドライフ #ワーケーション #のんびり滞在

ADDressで家族時間

42歳男性

仙台在住 / 家族4人暮らし / 自営業

妻と小学生の子ども2人を連れて、5年前に出身地の仙台にUターン移住。
仕事の都合や、都内で働く友人たちとの付き合いで、首都圏に行くことが多い。1年前までは、その都度ホテルを予約していた。家族との時間に加えて、ADDressで出会う人たちとの交流時間も楽しみの1つとなり、精神的に充実している。
ADDressの家で出会った会員に、ファミリーステイにおすすめのADDressの家を聞いて、たまに家族で地方のADDressの家に滞在している。当初、妻は怪訝そうだったが他の会員との共同生活にも慣れたよう。子どもたちの人見知りも直り、いまでは、ADDressの家での滞在を楽しみにしている。

#地方在住 #交流 #ファミリー利用 #同伴者利用制度

実家とADDressでデュアルライフ

26歳男性

埼玉県在住 / 実家暮らし / 会社員(テレワーク)

都心の会社に勤務しているが、基本的にテレワーク。一人暮らし未経験であることを、年齢的に気にし始めていた。とはいえ、出社が必要ではないのに一人暮らしを始めるのもしっくりこず、悩んでいた。ADDressが自分に合わなければ、残り2か月の最低契約期間を2枚プランで消化するつもりで、まずは15枚プランを契約。
始めは自立した生活が大変だったが、生まれも育ちも異なる人たちとの共同生活を通じて、世界が拡がっている感覚に面白みを感じている。実家滞在中と同じように、テレワークも問題なくできている。現在は、「実家:ADDress=5:5」のライフスタイル。

#ワーケーション #交流 #多拠点生活

30枚プランの人はこんな人!

セカンドライフに彩りを

65歳夫婦

埼玉県在住 / 定年退職

同伴者利用制度で、夫婦2名で利用。ツアー旅行は現役時代に堪能しており、ADDressには、地域密着型の暮らしや体験を期待して入会。
時間のゆとりがあり、1度に1週間前後のロングステイをすることが多い。滞在の予定を念入りに立てたいため、滞在希望日の1か月前には予約を確定している。地元の食材を使って自炊をすることが楽しみの1つ。リピート滞在しているお気に入りの場所もある。契約2か月目以降は、利用頻度に応じて柔軟にプランを変更している。

#セカンドライフ #のんびり滞在 #同伴者利用制度

ひらめくワーケーション

42歳男性

都内在住 / 夫婦2人暮らし / 会社員(テレワーク)

自宅だけのテレワークでは、行き詰ることがあり、適度に違う環境で仕事をすることを求めていた。
月の半分をADDress拠点、半分を自宅と使い分けている。生産性を落とさないため、移動頻度は少なくなるように滞在予定を立てている。初月に30枚プランを契約し、翌月以降の予約を計画的に抑えることで、仕事のスケジュールに乱れが発生しないように工夫をしている。2か月目以降は、15枚プランに切り替えて、「自宅ワーク:ワーケーション=5:5」になるように調整。

#ワーケーション #リフレッシュ #テレワーク

60枚プランの人はこんな人!

自分探しのJourneyへ

32歳女性

退職と共に実家へ帰省 / 転職活動中

転職活動中に自分探しを兼ねて、3か月間の計画でホッピングライフを実践している。滞在先で出会う人々との出会いが、新しい価値観を知るきっかけとなっている。
2か月先まで計画的に予約を確保するために、初月に60枚プランを契約し、2か月目は30枚プラン、3か月目は2枚プランに切り替え予定。転職先が決まり次第、解約する予定で利用している。

#多拠点生活 #アドレスホッパー #交流 #自分探し #転職活動

異日常体験を通じたリスキリング

50歳男性

都内在住 / 経営者

学生時代はユースホステルを活用して、バックパッカーを楽しんでいた。仕事や子育てがひと段落して、ADDressで第二の青春を謳歌している。
1つの拠点に1週間前後ずつ滞在しながら移動。多様な世代や職業の方と接するなかで、様々な価値観に影響を受けて、50代以降の生き方を改めて模索し始めている。

#多拠点生活 #アドレスホッパー #交流 #バックパッカー #早期退職

メール会員登録はこちら

家の詳細の閲覧、サービス申し込みもこちら