かつての宿場町でのんびりとしたひとときを。

西会津A邸

福島県

家について

「ひととき」と提携した西会津A邸です。
ゲストハウスひとときは福島県西会津町上野尻地区の旧細木下駄屋さんの建物をオーナー夫婦が仲間たちとリノベーションして生まれたゲストハウスです。
家守もこの場所に暮らしながら、宿とともに時には田んぼ、小さな畑、田舎の暮らしでやってみたかったことに小さくチャレンジする日々を送っています。この場所で過ごすひとときのなかでお楽しみいただければうれしいです。
家守の暮らしに興味のある方、のんびりした時間を過ごしたい方、ひとときに集まる人と交流したい方、誰かの居場所の一つとして、日々がんばるゲストさんが一休みする場所として、ひとときがみんなのとまり木となればうれしいです。皆さんとお会いできることを楽しみにしております。

設備・備品・サービス

▼個室
・延長コード
・デスク
・扇風機(夏)/石油ストーブ(冬)

▼キッチン
・調理コンロ(ガス)
・鍋、フライパン
・食器類
・包丁、おたま
・電子レンジ
・冷蔵庫
・電気ポット

▼浴室(シャワーのみ)
・洗濯機 100円/回
・乾燥機 なし 

▼洗面所
・ドライヤー

▼トイレ(男女共用)

コワーキング

4席

・収容人数:4名
・1000円/日
※コワーキングスペースは、徒歩3分の「いとなみ」2階をお使いください
https://www.100itonami.com/

オプションサービス

提携施設や家守が独自に提供しているサービスです

▼有料
【アメニティ】
※予約人数分無料
・歯ブラシの追加:100円/本
・タオルの追加:200円/枚

【ベッドメイク・清掃】
※1回/3日の清掃・シーツ交換は無料で行っています
・シーツ交換の追加:500円/回
・室内清掃の追加:1,000円/回

【食事】
・朝食:700円(前日15時までにお申し込みください)
・夕食:1,500円(当日10時までにお申し込みください)

▼無料
・ボディソープ
・シャンプー
・リンス
・ハンドソープ
・化粧水
・メイク落とし

部屋

101

  • 個室(定員1名)

  • シングルベッド x 1

  • デスク/チェア

  • 1泊1枚

  • 予約の埋まりやすい部屋

【追加料金あり】施設内に猫がいます

滞在エリア

西会津町は福島県と新潟県の県境に隣接する人口5700人の小さな町です。町の8割が森林に囲まれ、町の北方には日本百名山である飯豊山が雄大にそびえ立っています。また、江戸時代は新潟と会津を結ぶ越後街道の宿場町として栄え、人、モノ、文化の往来が豊かな土地でもありました。美味しい水と豊かな土壌が育む米と野菜はどちらも日本一の称号をもち、四季折々の作物を身近に楽しむことができます。
ひとときがある上野尻地区も越後街道の宿場町の一つでした。徒歩圏内には広大な田畑も広がり、最近では私設図書館やお菓子工房もできたりと、歩いていてとても気持ちのいいところです。ぜひゆったりとした時間をお楽しみください。

アクセス・駐車場

車でアクセスする場合(最寄りのI.C 西会津I.C) ▼東京方面から 東京→東北自動車道(243km)→郡山JCT→磐越自動車道(新潟方面、82km)→西会津I.C ▼新潟方面から 新潟→磐越自動車道(いわき方面、76.8km)→西会津I.C 電車でアクセスする場合(最寄り駅:JR磐越西線上野尻駅) ※2022.9.20時点でJR磐越西線が喜多方~野沢間で不通となっております。電車のお越しの方は最新情報にご注意ください。 ▼東京方面から ※土曜日始発で東京駅を出発した場合(2018年4月のダイヤにて) 6:08 東京駅発(とき301号新潟行)→8:13 新潟駅着 9:19 新潟駅発(信越本線会津若松行)→新津(直通、磐越西線会津若松行)→11:03 上野尻駅着 ※所要時間4時間55分 ※上野尻駅は2021年4月より無人駅となりました。切符は車内での購入となりますので、現金のご持参をおすすめいたします。 ▼新潟方面から ■新潟駅発(信越本線長岡行、19分)→新津駅(磐越西線会津若松行、98分)→上野尻駅着 ※郡山駅を経由する方法もございますので、詳細は各自にてご確認ください ■新潟空港(高速バス乗車)→西会津インター下車 ※2019年9月1日から運行スタート!新潟空港直通の高速バスが運行しています。 西会津インターバス停までは送迎いたしますので、こちらをご利用の方は予約の際ご相談ください。 運行ダイヤ、新潟空港のバス乗り場についての詳細は会津バスさんのHPをご覧ください。 電車とバスでアクセスする場合 ▼東京方面から 東京駅八重洲南口orバスタ新宿→会津若松駅前(乗車時間約5時間) 会津若松駅(磐越西線)→上野尻駅(60分) ≪東京から会津若松間のバスについては下記のバス会社さんのHPをご確認ください≫ 会津バス さくら観光

周辺のお店情報

■徒歩圏内 商店 ・市橋商店 昔ながらの商店。飲み物や日用品をお買い求めいただけます。 飲食店 ・CHAMISE ひとときに併設されたカフェスペースです。金土日月で営業しております。前日までの予約制でランチも注文可能です。 (https://www.instagram.com/chamise.hitotoki/) ・aone 100% plant based sweets 植物性の身体に優しい食材で、みんなで美味しく楽しく食べられる焼き菓子を作られています。営業日は碧音さんのInstagramをご確認ください。 (https://www.instagram.com/__aone__/) その他 ・いとなみ 私設図書館兼シェアオフィス。読書に仕事に、ご活用ください。 (https://www.100itonami.com/) ■車/公共交通機関で移動 ・西会津国際芸術村 山の暮らしを豊かにするためのクリエイティブセンター。2002年に廃校となった旧新郷中学校の木造校舎を残すため、2004年から世界中のアーティストが滞在制作できるアーティストインレジデンスとして生まれ変わり、今ではその機能に加えて、町への移住相談窓口、地域おこし協力隊の活動拠点など、ここを起点に古き良き歴史や文化を大切にしつつ、アートやデザインの力で山の暮らしをアップデートしています。ひとときからは車で10分程度。 (https://nishiaizu-artvillage.com/

家守

西会津A邸家守

いつも会える

■佐々木祐子
福島県郡山市出身。ひとときの運営全般を担当。テントサウナイベントも企画している。
高校卒業後に状況、大学卒業後は主に出版会社に勤務。2015年に福島へUターン。南相馬市での子どもたちの人材育成事業の団体職員をへて、西会津町へ移住。2018年からひとときを運営。西会津町の自然と人の橋渡しを行なっている。山登りが好き。

■佐々木雄介
福島県福島市出身。ひとときではDIY&稲作を担当。
高校卒業後に上京し、大学卒業後はシステムエンジニアに就職。5年半従事したのち、ふるさとの福島に戻り、自身の新たなキャリアを形成することを決意。2015年、福島にUターンし、南相馬市での子どもたちの人材育成事業の団体職員をへて、西会津町へ移住。2018年からひとときを運営。現在は、私設公民館「いとなみ」やインターン事業を行う一般社団法人FYC代表理事としても活動。最近の趣味はプラモデル。

レビュー

追加料金

【暖房費】
・冬季には1日300円の暖房費を現地にてお支払いいただいております

注意事項

・上野尻は静かな集落にあり、門限は22時、消灯は23時とさせていただいています。
・ひとときは全館禁煙、喫煙は庭の喫煙スペースでお願いします
・ひとときでは灰皿を用意していないため、携帯灰皿のご持参にご協力お願いいたします
・当宿には猫がいるため猫アレルギーの方はご遠慮ください
名前は「すー」と「しらたま」、時々共有スペースに登場します

予約ポリシー

予約期限:滞在日2日前の正午まで
滞在開始:15:00 〜 20:00
滞在期限:〜 10:00
家守の予約承認が必要な家
予約申請から48時間以内に承認作業が行われます

提携施設

ひととき

サービスのお申し込みはこちら

月額980円のコミュニティプランがスタート