東京から一番近い陶芸の産地で陶芸家気分を味わえる

益子A邸

栃木県

家について

ゲストハウスnoboriの一部が拠点です。益子焼工房に併設していて、元々登り窯があった場所に、屋根と柱を残して改築しました。家の隣は現役の登り窯があります。大工さんや電気・水道・ガスの業者さんと一緒に、オーナーで家守の川尻さんが、自分でできる限りの作業をして建てたセルフビルドの家です。改築のデザイン、基礎のコンクリート流しから、築窯師でもある川尻さんの経験を活かし、実際に登り窯で使われていたレンガと土を使用した壁を作りました。トイレの床のタイル、手洗い鉢、キッチンの食器類は全て手作り。家の横にある登り窯で焼かれたものです。手作りの温かみのある空間で、ぜひ益子の時間をお過ごしください。

設備・備品・サービス

▼キッチン
・調理器具
・冷蔵庫
・電子レンジ

▼水回り
・ドライヤー
・洗濯機

コワーキング

なし

オプションサービス

提携施設や家守が独自に提供しているサービスです

▼無料
・シャンプー
・リンス
・ボディソープ

部屋

2の間

  • 個室(定員4名)

  • シングルベッド x 4

  • 1泊1枚

【追加料金あり】

連泊割3泊2枚

2023年11月09日 ~

滞在エリア

益子町は、東京から2時間半。都心から一番近い陶芸の産地として昔から賑わっています。また、陶芸をはじめ、さまざまなクリエイターが移り住む町としても知られています。普段の生活の中に、アートの息吹を感じるエリアです。田舎でありながら、独特のものづくりが受け継がれ、コツコツと丁寧な暮らしを楽しむ町。暮らしやすい気候、しっかりとした四季の変化、ポコポコとした山が連なる景色は、都会ではなかなか感じることができません。自然豊かなロケーションにありながら、益子の中心・焼き物の販売店の通りや陶器市の会場まで徒歩5分という立地も魅力の一つです。

アクセス・駐車場

【電車】 ・東北本線または東北新幹線「宇都宮駅」西口より東野バス益子駅行きで約1時間  ※益子駅から車またはタクシーで10分  ※最寄停留所「道祖土上(さやどかみ)」から徒歩5分 【バス】 ・高速バス(焼き物ライナー)停留所「陶芸メッセ入り口」から徒歩10分  ※秋葉原から直通 【車】 ・東北自動車道栃木都賀JCT→北関東自動車道真岡IC→国道294号線、または121号線で益子まで。ICより約25分 ・常磐自動車道友部JCT→北関東自動車道桜川筑西IC→県道41号線で益子まで。ICより約20分

周辺のお店情報

・益子の中心陶器販売店街まで徒歩5分 ・最寄コンビニエンスストア「セブンイレブン」まで自転車で10分、車で5分 ・最寄スーパー「かましん」まで車で10分 ・おススメの温泉「市貝温泉」「ロマンの湯」「井頭温泉」まで車で20~30分

家守

益子A邸家守

だいたい会える

家守の傍ら下駄作りやカッティングボードを作っています。

レビュー

4.78

レビュー49件

追加料金

【同伴者利用料金】
・1名につき1,000円/泊
※2024/5/10予約受付分より、1名につき2,000円/泊に変更

注意事項

・木曜日は定休日です

予約ポリシー

予約期限:滞在日2日前の正午まで
滞在開始:16:00 〜 20:00
滞在期限:〜 10:00
定休日:木
家守の予約承認が不要な家

提携施設

ゲストハウスnobori

関連キーワード

関連テーマリスト

サービスのお申し込みはこちら

お試しで1か月だけの利用が可能です