雪と山とを楽しむ人々の暮らしを体感、苗場山を一望できる家

十日町B邸

新潟県

家について

落ち着いた住宅街にある十日町B邸。長年メンテナンスを行いながら、電力会社が社宅として使用していた鉄筋コンクリート造の建物内にあります。防音性の高い造りのため、Web会議などのテレワークもストレスなく行えます。築46年と古い建物ではありますが、手入れが行き届いており、内装も綺麗にリフォームされています。

玄関を入り、左手にキッチンと水廻り、右手にリビング、それを中心に3つの和室があります。隣り合う301Bと301Cも間に収納があるため、3部屋それぞれが独立した部屋としてプライバシーを保てる造りになっています。すべての個室に窓があり、明るい室内で過ごすことができます。

ベランダからは苗場山を一望することができます。晴れた日、雨の日、雪の日と移り変わる天気や季節ごと、表情を変える山々を見ながら飲むコーヒーは格別です。夏祭りの花火をベランダから楽しめるのも魅力的です。

お車やバイクのお越しの方用に、屋根付き車庫をご用意しています。雪の季節にもうれしい設備です。

家守所有の田んぼや畑、家守経営の障がい福祉施設が近くにあり、就労体験や支援者としての体験、一緒に給食(要予約)を食べることもできます。興味のある方はぜひ家守までご連絡ください。

設備・備品・サービス

▼リビング・ダイニング
・ダイニングテーブル1台
・空気清浄機
・テレビ

▼キッチン
・電子レンジ
・オーブン
・冷蔵庫/冷凍庫
・電子ケトル
・トースター
・コーヒーメーカー
・炊飯器
・調理コンロ(IH)
・フライパン/鍋
・食器類
・包丁/まな板/おたま/ヘラ/トング
・食器用洗剤/スポンジ

▼洗面浴室
・バスタブ
・ドライヤー
・男女共用トイレ1室(温水洗浄便座 有り)

▼洗濯機
・洗濯機1台 200円/回
※乾燥機はありませんがリビングから出られるベランダで、洗濯物を干すことができます。
※コインランドリー:徒歩10分

▼その他
・掃除機

コワーキング

なし

部屋

301A

  • 個室(定員2名)

  • 和布団 x 2

  • 1泊1枚

【追加料金あり】外鍵あり

連泊割3泊2枚・7泊4枚

2023年11月09日 ~

301B

  • 個室(定員2名)

  • 和布団 x 2

  • 1泊1枚

【追加料金あり】外鍵あり

連泊割3泊2枚・7泊4枚

2023年11月09日 ~

301C

  • 個室(定員2名)

  • 和布団 x 2

  • 1泊1枚

【追加料金あり】外鍵あり

連泊割3泊2枚・7泊4枚

2023年11月09日 ~

滞在エリア

新潟県十日町市は県南部に位置し、日本有数の豪雪地帯として知られています。12月半ばを過ぎれば広がる一面の銀世界、毎年2メートルを超える積雪があり、特別豪雪地帯に指定されています。11月中旬から3月下旬、雪の季節に訪れる際はしっかりと防寒対策をしてお越しください。

お車にはスタッドレスタイヤを、ご自身の足元にはスノーブーツなど滑り止めがしっかりしているものを。普段なら10分の道のりも、大雪の時は倍以上かかることもあります。時間配分もゆとりも持って。風を通さないしっかりした素材のアウターはもちろん、素肌が出ている箇所から冷たくなりますので、イヤーマフや手袋も忘れずに。靴のつま先に足元用の小さな使い捨てカイロを入れるのもおすすめです。

防寒対策が完了したら、スキーやスノーボードをはじめ、スノーラフティングやスノーシュートレッキング、かまくら体験などたっぷりの雪を心ゆくまで楽しんでください。住民主体で始まった「十日町雪まつり」は、厳しい自然・雪をもっと楽しもうと「雪を友とし、雪を楽しむ」ことを原点に、身近に雪を親しむイベントを目指し開催されています。雪のアクティビティや手づくりの美しい芸術作品、ライトアップされたメインエリアや花火など、昼夜問わず雪の世界を堪能できます。

十日町B邸は、十日町駅から徒歩7分ほど。駅周辺で行われる雪まつりも気軽に楽しめます。コンビニやスーパー、飲食店が徒歩7分圏内に揃い、生活に便利な立地です。複数の日帰り温泉や新潟県唯一の国宝「火焔(かえん)型土器」が展示されている十日町博物館、映画「図書館戦争」のロケ地となった公立図書館「情報館」など、徒歩圏内だけでも魅力あるスポットが点在。(都合が合えば家守がご案内することもできます。)多数あるスキー場にも車で30分~1時間ほどです。

3年に1度開催される、世界最大級のアートフェスティバル「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」を巡るのにも便利なロケーションです。新潟自慢の、海藻である布海苔をつなぎに使った「へぎそば」と魚沼産コシヒカリも忘れずに食べてください。歴史、自然、芸術、グルメ、どの季節に訪れても楽しい十日町市、ぜひ訪れてみてください。

アクセス・駐車場

公共交通機関でアクセスする場合 ▼越後湯沢駅(上越新幹線・上越線・ほくほく線)から →(電車40分)→十日町駅→(徒歩7分)→到着 自動車でアクセスする場合 ▼関越自動車道六日町ICから →(一般道24分)→到着 ※雪が降る冬季はより時間がかかる恐れがあるため、ご注意ください。

周辺のお店情報

コンビニ ・セブンイレブン:徒歩7分 ・惣菜屋ももたろう:徒歩4分 スーパー ・リオン・ドール:徒歩6分 飲食店 ・十日町ふれあいの宿交流館カフェテラス:徒歩2分 ・麵屋SAKURA:徒歩2分 ・ルミエール:徒歩5分(喫茶店、ケーキ屋さん) 日帰り温泉 ・明石の湯:徒歩15分 ・千手温泉:車10分 スキー場:いずれも家から車で30分程度 ・上越国際当間スキー場 ・松代ファミリースキー場 ・松之山温泉スキー場 ・なかさと清津スキー場 ・ニュー・グリーンピア津南スキー場

家守

十日町B邸家守

だいたい会える

自称:「越後の鈍牛」74才。元気毎日1万歩、前向きな暴走老人。
仕事:NPO法人支援センターあんしん会長として障がい者の支援にあたっています。
十日町は毎年2メートルを超える豪雪地。屋根の雪堀が大変で屋根の雪を融かす装置を開発して販売する会社を40年やってきました。最近その会社を次女の婿に譲り、20年前より3女の障害をきっかけに現NPO法人を設立、見様見真似で福祉事業に携わりました。
障がい者の仕事づくりでトイレットペーパーの製造販売をやった所これが大ブレークして年間5,000万円の売り上げを生んで賃金を一気に倍増にできました。最近農福連携で県知事賞を頂いて調子に乗り六次化事業に取り組み、乾燥野菜工場を補助金なしでスタートしました。この仕事でえらく骨を折っているのが一緒に家守をしている後継者の長女婿久保田学です。

レビュー

追加料金

【同伴者利用料金】
・1名につき1,000円/泊
・支払方法:現地現金払い

【暖房費】
・1名につき500円/泊
・期間:11/1~3/31
・支払方法:現地現金払い

注意事項

・18:30以降の到着時には家守が晩酌に入っている可能性が大です
・入室情報をご確認の上、入室ください
・冬季(11月中旬~3月下旬)は雪が降るため、車でのアクセスの場合はスタッドレスタイヤを装着した上でお越しください
・また、防寒対策として、イヤーマフや手袋、重ね着をすることがおすすめです
・アクセス方法や周辺施設に記載のアクセス所要時間は、距離から算出されたものとなります
・雪が降る冬季はより時間がかかる恐れがあるため、ご注意ください
・お部屋を留守にする際は施錠し、貴重品は必ず身につけてお出かけください
・1時間以上のお出かけ時はエアコンの電源をお切りになるようにお願いします

予約ポリシー

予約期限:滞在日当日の正午まで
滞在開始:14:00 〜 21:00
滞在期限:〜 11:00
家守の予約承認が不要な家

関連キーワード

サービスのお申し込みはこちら

月額980円のコミュニティプランがスタート