異文化・ここだけの文化を楽しむ、空港からバス1本の家

沖縄コザB邸

沖縄県

家について

人気の沖縄コザエリアにADDress2拠点目の家が登場です。沖縄コザA邸の家守とも交流があるオーナーがオープン、お互いの家を行き来する滞在も楽しめます。

台風に負けないよう頑丈なコンクリートでできた家は、屋上で日光浴が楽しめる平屋造り。沖縄の太陽を存分に浴びてください。

玄関をはじめ広々ゆったりと造られた室内は、大きな窓から明るい自然光が注ぎます。リビング・ダイニングそれぞれにテーブルと椅子が用意されており、思い思いの場所で寛ぐことができます。ビッグサイズなソファや、ダイニングのオシャレなチェアなど、インテリアも楽しんでください。機能的かつ清潔なシステムキッチンで、沖縄ならではの食材を調理するのもおすすめです。

個室は2つ、2面採光で明るい洋室と、木の温もり感じる落ち着いた和室です。人数や用途、お好みで選べるのもうれしいポイントです。

設備・備品・サービス

▼リビング・ダイニング
・ダイニングテーブル
・作業用テーブル
・ソファ4人掛
・テレビ

▼キッチン
・電子レンジ
・冷蔵庫/冷凍庫
・電子ケトル
・トースター
・炊飯器
・調理コンロ(IH / ガス3口)
・フライパン/鍋
・食器類
・包丁/まな板/おたま/ヘラ/トング

▼洗面浴室
・バスタブ
・シャワーブース1室
・ドライヤー
・男女共用トイレ1室(温水洗浄便座 有り)

▼洗濯機
・洗濯機1台 100円/回
・乾燥機1台 100円/回

▼その他
・掃除機

コワーキング

なし

部屋

1号和室

  • 個室(定員1名)

  • 和布団 x 1

  • 1泊1枚

1面の襖は固定しているため、部屋から直接リビングルームへの行き来はできません

2号洋室

  • 個室(定員2名)

  • セミダブルベッド x 1, 和布団 x 1

  • 1泊1枚

【追加料金あり】

3号洋室

  • 個室(定員2名)

  • シングルベッド x 2

  • デスク/チェア

  • 1泊1枚

  • 予約の埋まりやすい部屋

【追加料金あり】

滞在エリア

沖縄コザB邸は那覇空港からバス1本、沖縄自動車道沖縄ICから3分と、アクセスの良い立地にあります。

歩いて10分ちょっとの異国情緒あふれる「コザゲート通り」は、嘉手納基地の第2ゲート前から続くいわばコザの表玄関。日中はコザの歴史を学べる資料館など、夜は外国人経営者のバーやライブハウスなどを楽しめる人気のスポットです。横文字の看板やあちこちから聞こえる英語、まるで外国へ来たような気持ちに。昼と夜でその姿を変える通りを、ぜひ満喫してください。

プロバスケットボールチーム「琉球ゴールデンキングス」のホームアリーナである沖縄アリーナや、プロ野球球団「広島東洋カープ」のキャンプ地として利用されるコザしんきんスタジアムも徒歩圏内にあり、ファンにはたまらないエリアです。

那覇とはまた違った沖縄の魅力があるコザ。
6月~9月、盆踊りにあたる沖縄の伝統芸能「エイサー」のシーズンには、沖縄各地域の青年会が旧盆の夜に地域内を踊りながら練り歩きます。毎年旧盆の翌週末には、沖縄最大のイベント「沖縄全島エイサーまつり」が開催され、県内各地のエイサーを見ることができます。

アクセス・駐車場

公共交通機関でアクセスする場合 ▼那覇空港から →(バス45分)→沖縄南IC→(徒歩8分)→到着 ▼自動車でアクセスする場合 那覇空港から  →(高速道30分)→沖縄南IC→(一般道3分)→到着

周辺のお店情報

コンビニ ・ファミリーマート:徒歩3分 スーパー ・かねひで諸見店:徒歩7分 飲食店 ・上原ぜんざい:徒歩3分(沖縄そば・沖縄ぜんざい) ・珈琲ロマン:徒歩5分(ランチが人気)

家守

沖縄コザB邸家守

その他

京都府京都市出身 
2016年から月のうち半分を沖縄で暮らしています。
那覇よりもコザ(沖縄市)が好きすぎて2023年よりコザに移転。

ADDressの家守として那覇にはないコザの魅力を伝えていきたい。

レビュー

追加料金

【同伴者利用料金】
・1名につき1,500円/泊、学生1,000円/泊
・支払方法:現地現金払い/PayPay

注意事項

・住宅地区のため、深夜は大声を控えるなどお静かにお願いします

予約ポリシー

予約期限:滞在日2日前の正午まで
滞在開始:14:00 〜 21:00
滞在期限:〜 11:00
家守の予約承認が必要な家
予約申請から48時間以内に承認作業が行われます

関連キーワード

サービスのお申し込みはこちら

お試しで1か月だけの利用が可能です