シェアハウスのメリット・デメリットは?どんな人におすすめ?

シェアハウスはメリットの多い暮らし方と言われますが、「デメリットもあるのでは?」と不安に感じる方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、シェアハウスに暮らすメリットとデメリットについて紹介していきます。

目次

  1. シェアハウスってどんな家?
  2. シェアハウス暮らしのメリットとは?
  3. シェアハウス暮らしにはデメリットもある?
  4. シェアハウスはどんな人におすすめ?
  5. メリット豊富なシェアハウス暮らしはADDressで始めよう

シェアハウスってどんな家?

シェアハウスとは、1つの住居に複数人が共同で生活するタイプの賃貸物件のことです。
個室の有無や共同スペースのあり方は物件によって異なりますが、キッチンやリビング、バスルームやトイレを共同で利用し、プライバシー空間である個室が別に設けられているシェアハウスが多いです。
ADDressが運営するADDressの家は、個室もしくはドミトリーのプライバシー空間が存在し、リビングやキッチンなどは共同でシェアするタイプです。同じ個室の連続利用は最長7日間までとなっており、会員サイトから予約することで全国にあるADDressの家を移動しながらご利用いただけます。月額4.4万円(税込)~で電気代、ガス代、水道代はすべて込み、敷金や礼金、補償金などの初期費用は一切かからず、何度でも移動可能です。

シェアハウス暮らしのメリットとは?

シェアハウス暮らしのメリットとは?

シェアハウスはメリットの多い暮らし方として人気があります。そこでまずは、シェアハウスで暮らすメリットについて紹介します。

家賃が安い

シェアハウスの大きなメリットのひとつに、家賃を安く抑えられることがあげられます。
例えば、ADDressのシェアハウスは月額4.4万円(税込)~で、全国にあるADDressの家の個室に予約滞在するための共同賃貸借契約を締結する形となります。東京都内で1ヶ月ホテル暮らしをする場合、東京のホテル相場はビジネスホテルで8千円程度(リゾートホテルなら1万5千円以上)が目安となるため、1ヶ月24万円以上と高額のコストがかかります。しかし、ADDressなら東京都内の家にも月額4.4万円(税込)のみの負担で予約滞在することができます。

誰かが居るという安心感

シェアハウスは、複数人が共同で生活するタイプの賃貸物件です。一緒に生活する人の人数や性別、年齢などは物件によって異なりますが、「誰かが一緒に居る」という安心感はシェアハウスならではの強みでしょう。防犯面で心強いのはもちろん、話し相手がいることで、慣れない土地での一人暮らしも安心してスタートすることができます。
ADDressの家は、会員が移動しながら予約滞在する形をとっているため、共同生活をするメンバーが一定ではなく、毎回新たな出会いがあり、新鮮に過ごすことができます。また、ADDressの家にはコミュニティマネージャーである家守(やもり)がいて、家の管理をしながら会員とコミュニケーションを取り、地域の方や会員同士の交流の架け橋となっています。

家具や家電が付いている

物件にもよりますが、シェアハウスの個室にはあらかじめベッドや姿見などが設置されていたり、家具や家電が付いているケースが多いです。
家具や家電を持ち込む必要がないため、引っ越しが簡単に済ませられるのもシェアハウスのメリットと言えます。また、家具や家電の購入費用を抑えることができるため、引っ越しの初期費用を抑えたいという方にもぴったりでしょう。
ADDressでは、全ての家にWi-Fi、個室の寝具、キッチン・調理器具、家具・洗濯機が完備されています。もちろん、これらの設備は月額費用のみの負担でお使いいただけます。

おしゃれな家、広い家に住める

シェアハウスには、入居者が集まるようにおしゃれにデザインされた物件や、コミュニケーションを楽しめる広い共同スペース(リビングやラウンジなど)が設けられた物件が多くなっています。一人暮らしではなかなか住むことができない広い家や、一軒家、洗練されたおしゃれなデザインの家に住むことができるのも、シェアハウスの大きなメリットです。
ADDressの家は、状態の良い空き家や別荘をリノベーションした家、提携宿泊施設の個室が中心となっています。おしゃれかつ機能的な一軒家や、ホテルのような個室に暮らすことができるため、「おしゃれな家に住みたい」という方にもおすすめです。

シェアハウス暮らしにはデメリットもある?

メリットの多いシェアハウス暮らしですが、デメリットがないわけではありません。
例えば、ある程度の人数が一緒に暮らすシェアハウスでは、住人同士の相性が合わず、共同スペースに険悪なムードが漂ってしまうという事例も少なくはありません。また、男女共同での生活が主となるシェアハウスでは、恋愛感情のもつれから思わぬトラブルが発生することもあります。
複数人が共同で生活するシェアハウスは、必ずしも気の合う仲間と一緒に住めるというわけではないため、このようなデメリットがあることも理解したうえで始めることが大切です。
ADDressの家なら、原則7日未満の短期滞在となるため、住人同士でトラブルが発生する可能性は低くなります。また、後ろが空いていれば予約を足すこともでき、間隔を空ければ同じ家に複数回滞在することもできるため、住人同士で継続したコミュニティを築くことも可能です。

シェアハウスはどんな人におすすめ?

シェアハウスはどんな人におすすめ?

ここまでは、シェアハウスのメリットやデメリットについて紹介してきました。続いては、ADDressの家でのシェアハウス暮らしはどんな人に向いているのか、おすすめしたい方のタイプについて紹介していきます。

初期費用や家賃を安く抑えたい人

新しい家への引っ越しを検討していて、「初期費用や家賃は安く抑えたい」という方には、月額4.4万円(税込)~の定額で住み放題のADDressのシェアハウスがおすすめです。
前述の通り、全国にあるADDressの家には、家具や家電、Wi-Fi設備といった生活必需品が完備されています。また、敷金や礼金、仲介手数料も必要ありません。スーツケース1つでホッピングができ、初期費用もかからないため、「滞在する分だけとにかく安くしたい」という希望を叶えることができるでしょう。

色々な人との交流を楽しみたい人

シェアハウス暮らしの醍醐味は、住人同士の交流です。しかし、通常のシェアハウスでは、同じメンバーで長期間生活を共にすることになるため、コミュニティの幅が限られてしまいます。しかし、ADDressのシェアハウスは予約滞在制のため、一緒に暮らすメンバーは家や時期によって異なります。全国から集まってくる会員同士で交流を図ることができるため、毎回新しい出会いがあり、コミュニティの幅を広げることができるでしょう。
ADDressの定額住み放題は、さまざまな人との出会い、交流を楽しみたい方にもおすすめのサービスです。

田舎暮らしを体験したい人

通常のシェアハウス物件は都心に多く、都心部から離れるほど少ない傾向にあります。そのため、田舎でシェアハウス暮らしを始めようとしても、希望に合う物件が見つからないというケースも多いでしょう。
ADDressの家は全国に150ヶ所以上あり、都心だけでなく自然豊かな地域にも家があります。山や海の近くにある家や古民家を改装した家もあり、自然を楽しむ田舎暮らしがしたいという方にもおすすめです。

メリット豊富なシェアハウス暮らしはADDressで始めよう

今回は、シェアハウス暮らしのメリットやデメリットについて紹介してきました。
ADDressなら全国150ヶ所以上(2021年4月現在)の家を自由に往来しながらシェアハウスでの生活を楽しめます。月額4.4万円(税込)~の負担で、敷金、礼金、仲介手数料といった初期費用は不要です。水道光熱費も月額費用に含まれているため、費用を抑えてシェアハウス暮らしを始めることができます。
メリット豊富なシェアハウス暮らしに興味をお持ちの方は、ぜひADDressの定額住み放題のサービスを利用してみませんか。

▼無料会員登録で家情報を見る▼
https://register.address.love/

▼オンライン説明会やイベントはこちらから▼
https://sites.google.com/address.love/event/